FANDOM


Eraicon-AC4

No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

アイリーン・ボック(Aileen Bock)は提供されたDNAサンプルを使用して直接血の繋がりの無い歴史上の人物の記憶を捜索するのを目的としたアブスターゴ社代用計画の発案者で被験体である。

ボックは息子シェイマスのDNAサンプルを使用して元夫の母親である第二次世界大戦中ナチスドイツの囚人ミリアム・ルクツの記憶にシンクロすることに成功する。

1981年アイリーンは研究中の事故でキャリアを断たれ2013年までに死亡した。

後の2012年ウォーレン・ヴィディック博士が死亡した時、博士の家から1980年から1981年の間にボックを盗聴したテープが発見される

After Dr. Warren Vidic's death in late 2012, illegal audio files were discovered in his residence, having been made with wire taps and hidden microphones. These recordings were made over a fourteen month period from 1980 and 1981, without the consent of their primary subject – Aileen Bock – and detailed Aileen's efforts into the Surrogate Initiative, with her facing strong opposition from Vidic's Animus Project, whose research had greater success.

Reference編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki