FANDOM


作品アイコン-AC3.png作品アイコン-Assassins.png

"You've your tools and training. Your targets and goals. And now you have your title. Welcome to the Brotherhood, Connor."
―Achilles Davenport.[src]

アキレス・ダベンポート(Achilles Davenport) (1710 - 1781) は1746年1763年まで植民地のアサシン教団導師であった。カリブ人英国人の出自で、彼がリーダーとして活躍していた時期の教団はその勢力を大いに拡大させた。

1763年 テンプル騎士団のコロニアルレイトによる居留地のアサシンに対する総攻撃にあい、教団は総崩れとなり解散へ追い込まれた。

アキレスはダベンポート・ホームステッドに隠れ住み、若きラドンハゲードンが訪ねて来るまでアサシンとしての信条も捨てていたが、少年の熱意に負け彼を訓練を始めた。 その余生を彼を導くことに費やし、その教えは弟子にアメリカ独立戦争で重要な役割を果たさせ、植民地テンプル騎士団の壊滅に貢献した。


生い立ち編集

アサシンとして編集

1730年代なかばアサシン教団に加わる。彼は採用活動と組織活動両方の才能を持っていたため1746年植民地教団の導師となる。[3] そのリーダシップの下アサシン達はホームステッドに拠点を置き勢力を植民地、フロンティアに拡大させていった。アキレスはイロコイ連合特にモホーク族と教団の結びつきを強化した。 彼はアビゲイル・ダベンポートという女性と結婚し、コナー・ダベンポートという息子をもうけたが二人は1755年チフスにより死亡した。

1763年 フレンチ・インディアン戦争に乗じた戦力強化したテンプル騎士団により、彼以外のアサシンは全滅し彼は捕らえられることになった。もはや彼を脅威と感じていなかった騎士団はアサシンとしての活動をやめることを条件に慈悲を与えた。 そしてアキレスは追放され6年間フロンティアのダベンポート・ホームステッドでたった一人で過ごしていた。

ラドンハゲードンとの出会い編集

"The world's moved on, boy. Best you do too."
―Achilles' discouragement to Ratonhnhaké:ton.[src]
アキレスに会うラドンハゲードン.png

ラドンハゲードンに出会う

1769年 アキレスは盗賊に資産を狙われていた。

While fleeing their pursuit, he yelled at Ratonhnhaké:ton, a young Kanien'kehá:ka boy, to move out of the way of his horse. 


盗賊を撃退した後、アキレスは戸口でアサシンとしての修行を求める少年に出会うが、それを拒否した。しかしラドンハゲードンは屋敷の厩舎に泊まりこんで、翌日も屋敷の戸を叩くとアキレスは出て行くようにと怒鳴りつけた。ラドンハゲードンは壁をよじ登りバルコニーから侵入を試みるとアキレスは彼に近づき杖を足にかけ転ばせて、英雄になろうとするなら死ぬことになると警告した。

テンプル騎士団の目的を説明するアキレス.png

テンプル騎士団の目的

ラドンハゲードンが厩舎に戻り夜になると盗賊の襲撃にあい屋敷を守るために戦い地面に打ち倒された。アキレスは背後から忍び寄り盗賊を刺殺して少年を助けだして、死体を片付けたあとで話を聞こうと屋敷に招き入れた。 そこでラドンハゲードンから"精霊”の導きによってアキレスのもとを訪れたと知ると、アサシン教団とテンプル騎士団の戦いについて教えた。

地下でテンプル騎士団達の肖像画を見せた。(ウィリアム・ジョンソンジョン・ピトケアントマス・ヒッキーベンジャミン・チャーチニコラス・ビドルチャールズ・リーそして総長ヘイザム・ケンウェイ) 植民地を支配しようとするテンプル騎士団を排除するためラドンハゲードンにアサシンとしての修行をすることに合意した。

In the basement, Achilles revealed the portraits of the Templar conspirators: William Johnson, Jonathan Pitcairn, Thomas Hickey, Benjamin Church, Nicholas Biddle, Charles Lee, and the Grand Master Haytham Kenway, whom Ratonhnhaké:ton explained had fathered him with Achilles' Iroquois ally Kaniehtí:io. Achilles agreed to train Ratonhnhaké:ton, to assist him in becoming an Assassin, in order to ultimately eliminate the Templars who were aiming to seize control of the colonies.

ホームステッド再建編集

"群衆は火薬の樽だ。奴に火を付けさせてはいかん。"
―ボストンの虐殺直前[src]
アキレスとコナー、ボストン.png

ボストンにて

厳しい肉体的精神的修行の後6ヶ月後、ラドンハゲードンは屋敷の修復に必要な材料を集めるためボストンを訪れた。 そこでアキレスはラドンハゲードンに目立たないようにと"コナー”いう息子と同じ名前を与え、資材を購入させるためによろず屋へと向かわせた。少ししてアキレスとコナーはチャールズ・リーによって先導されたボストンの虐殺を目撃した。コナーはそれを止めようとするが、はめられてお尋ね者になってしまう。アキレスはサミュエル・アダムズにボストンから連れ出すように頼みホームステッド戻った。

コナーを教団に向かい入れるアキレス.png

教団に迎え入れる

アダムズの協力を得てコナーの悪いうわさを消した後、船に乗りホームステッドへ戻り屋敷の修繕を行った。 コナーが川で溺れたテリーを助けてから半年後、さらなる修業を重ねるうち"アキーラ号”は修繕され出帆の準備が整っていた。ロバート・フォークナーによる航海訓練の後コナーはホームステッドへ戻った。 その時アキレスはアサシンの証であるローブを授けるため邸宅の地下へコナーを連れて行った。 教団への入団時には通常儀式を行うものだがアキレスもコナーもそのような形式張った人間ではないので省略され、コナーがローブを身につけたあとアサシン教団へ迎え入れるとアキレスは言った。

ウィリアム・ジョンソンを追え編集

"Connor, take care. These men are powerful."
―Achilles to Connor before going after Johnson.[src]
ロープダートを説明するアキレス.png

ロープダートを説明する

コナーがアサシンローブを着るとアキレスはロープダーツを手渡した。コナーの親友ガネンドゴンが訪れてウィリアム・ジョンソンが征服して強制移住させるためにモホーク族の土地を買おうとしている事を聞いた。コナーは激怒してそれは盗みだと避難するとアキレスはテンプル騎士団がいかに力を持っているのか思い出すようにと助言した。コナーは部族と土地を守ると近いにより選択肢はないと言われアキレスは渋々ボストンでサミュエル・アダムズを探すように指示した。コナーは部族のしきたりに従いガネンドゴンのトマホークを屋敷の門柱に突き刺し戦争の開始を宣言した。それを見たアキレスは木を使えと言った。

コナーは出発した後、ミリアムという怪我をした女性に出会った。アキレスは彼女を攻撃した密猟者を見つけ出す前に傷の手当がするようにコナーに彼女を屋敷まで連れて行かせた。そして、コナーにちょうど先ほど渡したロープダートを使いそれに慣れるように助言した。 ホームステッドから侵入者を排除した後、アキレスはコナーとミリアムが彼らの土地での狩猟を認める約束について見ていた。

ウィリアム・ジョンソンとテンプル騎士団が課税から不正な利益を得ていた積荷の英国のお茶を破棄した後にコナーはボストンから戻った。コナーはテンプル騎士団の活動を停止させ土地に安全を守れると思っていたが、アキレスはテンプル騎士団の謀略をなめるなと警告する。 6ヶ月後、コナーはジョンソンを暗殺しモホークの土地を奪うというテンプル騎士団の野望を阻止した。

革命の始まり編集

"It's a start. But to truly be free of Templar influence, all of them must be dealt with in turn. Even your father."
―Achilles to Connor after the latter assassinated Johnson.[src]
コナーとアキレス肖像画の前.png

次の行動を話し合う

1775年 コナーのもとにポール・リビアから助けを求める使いがやってきた。はじめコナーは自分は愛国派ではないと断ろうとするが、英国軍ジョン・ピトケアンはテンプル騎士団であり暗殺する必要があるとアキレスに手を貸すように促された。

アキレスはもう自分で取りに行くだけの体力はないとホームステッドの洞窟に隠された彼のローブを後で取りに行くようにコナーに頼んだ。 コナーがそれを手に入れるとアキレスはそれが最初の植民地アサシンジョン・デ・ラ・トゥールのものでそれをアキレスが受け継いだと教えた。

コナーは愛国派に参加しレキシントン・コンコードの戦いに勝利を収め、バンカーヒルの戦いではジョン・ピトケアンを暗殺した。ピトケアンの死の折コナーはテンプル騎士団によるジョージ・ワシントン暗殺計画を知る。

ワシントン暗殺を阻止編集

"Your struggle is the colonists' struggle. In helping one, you help the other."
―Achilles to Connor.[src]
コナーにトマホークを渡すアキレス.png

トマホークを渡す

ホームステッドに戻ったコナーにアキレスは協力者ベンジャミン・トールマッジを引き合わせた。コナーはトールマッジとワシントン暗殺計画の阻止のためトマス・ヒッキーを殺しにニューヨーク向かう。 しかしそこでコナーはワシントン暗殺計画の濡れ衣を着せられて絞首台に送られてしまう。 そこでアキレスはアサシンの弟子ステファン・シャフューダンカン・リトルクリッパー・ウィルキンソンと共にコナーを助けるためニューヨークへ向かった。 ヒッキーによって絞首台に連れて行かれるコナーにアキレスは群衆の中から接触する。そして一声かければ仲間たちが助けると教えた。弟子たちはロープを切断し、アキレスは絞首台の下でトマホークを手渡した。そしてコナーはワシントンを狙うヒッキーを殺害し無実が証明した。

そしてすぐアキレスとコナーはフィラデルフィアに向かった。そこで二人はワシントンに会いアメ独立宣言の署名を見る。独立記念館の廊下を歩いている時アキレスはコナーのこれまでの成果を認め褒めた。しかし、コナーがワシントンにテンプル騎士団の存在を教えることは、愛国派の目的の妨げとなると言って止めた。

However, he attempted to discourage Connor from revealing the Templars to Washington, concerned that it would only harm the Patriots' goal for freedom.

コナーとヘイザムの共闘編集

"In your haste to save the world, boy - take care you don't destroy it!"
―Achilles' warning to Connor.[src]
口論するアキレスとコナー.png

口論するアキレスとコナー

コナーはワシントンにテンプル騎士団の計画を教える必要があると主張したが、アキレスはそれによりワシントンやその部下が無用な危険にさらされることになると反対した。その意見の不一致により数ヶ月間アキレスとコナーは疎遠になる。

1777年初冬 コナーはアサシンとテンプル騎士団の存在をワシントンに知らせることに決めた事により彼らの口論は最高潮に達した。アキレスはアサシンとは他社を守るため秘密を守るものだと教えた。対してコナーはアキレスの怠慢さが植民地での教団壊滅と騎士団の支配拡大の原因だと非難する。アキレスは怒りコナーの行為は世界を破滅に導くことになると警告した。 最終的にコナーはバレーフォージでワシントンに会った後、その秘密を守ることに決めた。

ヘイザムに会ったことをアキレスに話すコナー.png

ヘイザムの事を聞く

その後コナーはベンジャミン・チャーチを暗殺後ホームステッドに戻った。アキレスは教団を失墜させたのを認めたが、コナーはアイレスに反対したことを謝罪した。そしてコナーは父親に会い思想の違いを乗り越えて協力し合えると考えているとアキレスに明かした。



最後の日編集

"So long as he lives, all are in danger. The same is true for your father. When you first came to me, you understood what had to be done. Swore you'd see it through. If not for the Brotherhood, for your people - and all those threatened by the Templars."
―Achilles to Connor, regarding Lee and Haytham.[src]
ヘイザムの事をアキレスに納得させようとするコナー.png

説得するコナー

1781年 アキレスは老衰で寝たきりとなっていた。コナーはアキレスにチャールズ・リーは不祥事を起こしたが、ワシントンはそれを許したと伝えた。リーさえいなくなれば父親との同盟が叶うと信じていたコナーにアキレスは二人共暗殺しなくてはならないと言った。 感情に流されて誤った答えを出さないようにと警告した。

以前アキレスはコナーに焼け落ちたニューヨークの自宅から絵を取ってきたくれと頼んでいた。絵を手に戻ったコナーだったが、アキレスは絵を飾るのは適当の頃合いになればといった。

編集

"I am grateful to have met you, knowing you will guide this land and these people to a better future. Yours in brotherhood, Achilles."
―Achilles' final words written to Connor.[src]
アキレスの葬儀に出席するホームステッドの住人たち.png

葬儀

アキレスはまもなく永眠した。コナーはアキレスの遺体を発見した時、アキレスが書いたコナー宛のノートを見つけた。ノートにはホームステッドを繁栄させたことへの感謝、彼がアメリカの人々に希望を与えるようにという願い、別れを言えないことの謝罪と感謝そして誇りに思う気持ちが書かれていた。

葬儀は海を見下ろす屋敷の裏、息子の墓の横で行われた。葬儀にはコナーが集めたホームステッドの住人たちすべてが参加した。住民たちがアキレスの棺にバラを手向ける中、コナーはアサシンの絆の象徴であるを手向けた。棺はホームステッドの旗に包まれた。

コナーはアキレスのローブを受け継ぎ、屋敷の壁に家族の絵を飾った。そしてアキレスの墓に参り、平和と再開を願った。

性格編集

"Let me tell you something, Connor. Life is not a fairy tale and there are no happy endings!"
―Achilles to Connor.[src]

アキレスは指揮する教団が力を失って家族まで失った結果、戦う意志をなくし無気力でアサシン自体にも幻滅していた。 ラドンハゲードンと初対面の時や修行の時は短期で厳しく細かいことを気にしない性格であった。 He was quick to reprimand, discourage, and correct his naive and brash apprentice.

コナーはテンプル騎士団を壊滅させれば全人類に自由を与えられると、アサシンの任務について非常に理想化した考えを持っていた。それをアキレスは正すため理想を追い過ぎた行動や考え方は危険をもたらすと警告した。この意見の相違で二人はしばしば口論をして批判をしあっていた。

それにもかかわらず、アキレスはコナーを思いやり世話を焼きコナーの功績を誇りに思っていた。コナーにとってアキレスは父代わりの重要な師匠であった。 アキレスは愛するコームステッドの繁栄を見てアメリカの未来を重ね希望を与えられた。

トリビア編集

In The Tyranny of King Washington: The Betrayal, the contents of a man fitting Achilles description are being gone through by two guards as Ratonhnhaké:ton escapes prison. Later, Ratonhnhaké:ton finds a Lucid Memory Fragment of Achilles next to an identical hat.

ギャラリー編集

References編集

  1. アサシンクリードエンサイクロペディア - セカンドエディション
  2. 引用エラー: 無効な <ref> タグ。「Encyclopedia」という名前の引用句に対するテキストがありません
  3. Assassin's Creed III

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki