Fandom

ASSASSIN'S CREED Wiki

アサシンクリード

564このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
作品アイコン-AC1.png作品アイコン-Realworld.png作品アイコン-featured.png

30pxウィキペディアのロゴ.png


""
―Jerusalem, the twelfth century. Amidst the chaos of the Third Crusade, a Brotherhood of warriors rose to power. Shrouded in secrecy, feared for their ruthlessness, they alone would save the Holy Land, or destroy it. They were the Assassins.[src]

アサシンクリードはユービーアイソフト モントリオールで開発され発売されたオープンワールドのステルスアクションアドベンチャーゲームである。Xbox 360とプレイステーション3版が2007年11月に発売され、ウィンドウズ版が2008年4月に発売された。

主人公となるデズモンド・マイルズが謎の研究施設、アブスターゴ社に拉致されたところからゲームが始まる。そこで訳がわからないままDNA記憶を吸い出すマシン・アニムスによって彼の祖先が遠い昔に体験したことを自身が体験することとなる。

アサシンクリードはゲームプレイにおいてもストーリーにおいても高い評価を受け、2006年度のE3ではいくつかの賞を受賞した。2009年には続編であるアサシンクリードIIが発売された。

ゲームプレイ 編集

AltaïrCloseup.jpg
アサシンクリード12世紀末のエルサレム周辺一帯を舞台とし、アサシン教団の一員であるアルタイルとして任務を遂行するアクションアドベンチャーゲームである。アルタイルの任務は9人の要因を暗殺すること。だが暗殺のターゲットとなっている9人はなかなか姿を見せないくせ者ばかり。そこでまずは9人の情報を徹底的に集め、出没しそうな場所を割り出す。ダーケットとしている人物を見つけたら暗殺し、敵の手から逃れるまでがミッションである。



あらすじ編集

デズモンド・マイルズはアブスターゴ社によって拉致され遺伝子記憶をシミュレートする機械アニムスの被験体にされる。アブスターゴは彼の遺伝子から第三回十字軍時代1191年に生きていた先祖アサシン、アルタイル・イブン・ラ・アハドの記憶を得るためにアニムスに入れられる。最初の時はトラブルが起こり調整が必要だったが、数日後には計画通りの記憶を手に入れることができた。

ゲームはアルタイルのメモリーにアクセスする場面から始まるが、シンクロに問題が発生する。 そこにウォーレン・ヴィディックルーシー・スティルマンのアニムスの危険性について話す声が聞こえる。 問題が発生した後、アニムスから出たデズモンドはヴィディック博士からアニムスの仕組みについて説明される。 アブスターゴが求める記憶にアクセスするにはアルタイルの人生の重要な瞬間を追体験してシンクロ率を高める必要があった。そこでデズモンドはチュートリアルを受けた後、求める記憶に最も近いシンクロ可能な記憶にアクセスした。


アルタイルは大導師アル・ムアリムの命を受けエデンの果実として知られている秘宝を手に入れるため、仲間のマリク・アルシャイフとその弟カダルの3人でソロモン神殿に侵入した。そこでアサシン教団の仇敵テンプル騎士団総長ロベール・ド・サブレを発見する。秘宝を手に入れようとしているロベールを殺すためにアルタイルはアサシンの3つの掟を破り失敗した。そのせいでマリクは弟を殺され左腕を失う。 敗走するアルタイルがマシャフ砦でアル・ムアリムに詫びを入れていると、ロベールの攻撃から秘宝を手に入れたマリクが帰還し、アルタイルを激しく非難した。

テンプル騎士団の報復報復を撃退した後、アル・ムアリムは失敗の責任を取らせアルタイルを入門者に格下げし、教団の階位を再び上げる機会を与えた。 それは平和をもたらすためダマスカス、アッカ、エルサレムに居る十字軍サラセン軍の9人の標的を暗殺する事だった。下記の標的は第三回十字軍時代に実在した人物である。


タミールホスピタル騎士ガルニエ・ド・ナプルスタラルアブル・ヌクドウィリアム候モンフェラートマハド・アッディーンジュバイル・アルハキームチュートン騎士団総長シブラント、ロベール・ド・サブレ

アルタイルは標的の暗殺遂行し、標的達はにロベールのテンプル騎士団と通じて十字軍を終わらせ聖地を管理下に置く計画を知りそれを阻止する。アルタイルにより両陣営の仲間を暗殺されたロベールはキリスト教とイスラム教双方の力を結集させ両軍の脅威アサシン教団を攻撃させようとする。戦いを止めるため獅子心王リチャード1世にあったアルタイルは戦争を止めることはできなかったが王の前でロベールと決闘してその野望を打ち砕く。その時ロベールからアル・ムアリムはテンプル騎士団の仲間で秘宝の力を独占するため秘密を知っている9人をアルタイルを使って始末させたと聞く。

アルタイルは事の真相を知るためマシャフの大導師のもとへ急ぐ。マシャフでは大導師がエデンの果実の力を使い幻覚を作り出し村人を操っていた。アル・ムアリムは対峙するアルタイルに超常的な自然現象(エジプトを襲った十の災いや紅海が割れた事)やトロイ戦争はエデンの果実が引き起こしたものであり、さらに人を隷属させる力を以ってすべての争いを終わらせることができると教えた。アル・ムアリムはリンゴの力でアルタイルを操ろうとするが効果はなく、幻影を創りだして殺そうとした。しかし、最後にはアルタイルに倒される。アルタイルがエデンの果実を拾うと他のエデンの果実の場所が記された地球のホログラムが目の前に現れた。


アルタイルの記憶の同調率を高める中でデズモンドはアブスターゴ社は現代におけるテンプル騎士団のフロント企業であり、アルタイルの記憶を基にエデンの果実を探しだそうとしている事や、現代のアサシンが自分を救出に来たが失敗したことを知る。用済みとなったデズモンドは高位のテンプル騎士アラン・リッキンの命令により処分されることになっていたが、ルーシーの働きによって生き長らえる。古きアサシンの仕来りに習ってルーシーは右手薬指を折り曲げて見せた。 デズモンドはアブスターゴ研究所の中で過ごした経験による流入現象で幻覚を見たりタカの目を使えるようになってしまった。それを使って研究室の床や部屋の壁を見ると血文字の記号が記されていた。それは様々な文化や時代の事が書かれたそれよると2012年12月21日にアブスターゴの人工衛星が打ち上げられ、アル・ムアリムがマシャフ住人を操ったのと同じ方法で争うをなくそうとしていると示していた。 自分の部屋に描かれたメッセージを見た瞬間多くの謎を残してゲームは終了する。


登場人物 編集

関連サイト 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia