FANDOM


DYL.png作品アイコン-French Comic.png作品アイコン-TWCB.png

30pxウィキペディアのロゴ.png


No image.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
"このクロスは旅人が永遠の門をくぐる鍵のようなものだ…… "
ルーシャス 息子にアンクの話を聞かせて。
アンク
アンク.png
概要
種類

エデンの果実

能力

復活

現在地

不明

歴史
作成者

かつて来たりし者

制作年

先史時代


アンクは一時的に病気を癒し死者を甦らせることの出来るエデンの果実の一つである。

そして、記憶装置して生者の癖を保管し、その癖を死者へ返すことが出来た。

It also acted as a recording device, storing the mannerisms of a living person and being able to return those mannerisms to a corpse.


最初は、エジプトの神でありファラオオシリスを復活させるため、その妻女神イシスが使用した。その後、ピラミッドから略奪されローマへ運ばれた。そこで、テンプル騎士団がアンクを手に入れようとしたが、ルグドゥヌムアサシンによって奪われた。

Initially used by the Egyptian goddess Isis to resurrect her husband Osiris and to help Egyptian pharaohs, the Ankh was later transported to Rome after having been looted from a pyramid. There, the Ankh wound up around Lugdunum, in the hands of the Assassins, who held on to it despite Templar attempts to take it.

後にアンクは中央ヨーロッパにあると噂されたが、未だ回収はされていない。



歴史 編集

エジプト 編集

もともとアンクはイシスが所持し、災禍からエジプトの王を守る為に使った。 The Ankh was originally owned by Isis, who used its mystical powers to protect the kings of Egypt from harm.

夫オシリスの死後、イシスはアンクを使い夜の間だけ彼を甦らせ、息子ホルスを懐妊する。.[1]

After Osiris passed away, Isis used the Ankh to resurrect him for one more night of intimacy; an act that led to the conception of Isis' son, ホルス.[1]

ローマ帝国 編集

200年後 アンクはローマの商人によってピラミッドから奪われた。結局ローマが(で)終わるまで何人もの手に渡った。[1] 200 years later, the Ankh was recovered from a pyramid by Roman plunderers, who sold it to a merchant. The Ankh switched hands many times, before eventually ending up in Rome。[1]

ある時アンクはアラマン族のアサシンアクシピターの手に渡る。 彼はそれをアクイラスに渡し、アクイラスは持ち帰り父ルシウスに渡した。

ルシウスはそれを箱の中に隠すが、数日後テンプル騎士団カイウス・フルブス・バルチャーの手下に殺害され盗まれる。

At one point, the Ankh came into the hands of the Alaman Assassin, Accipiter. He then passed it on to Aquilus, who brought it back home to his father Lucius. Lucius locked it in a box, but the very same day, he was killed by his associate Caïus Fulvus Vultur, a secret member of the Templar Order, who stole the Ankh for himself.[2]

アンクを盗み出すバルチャー.jpg


その後、アクイラスはローマでバルチャーを殺しそれを取り戻した。

Aquilus later retook the Ankh from Vultur when he killed him in Rome.

しれから、アクイラスがアクスピターの妻ヴァレリアとアンクの研究をしているとき、ローマ兵により妨害されたアンクは奪われてしまった。

アクシピターがアンクの輸送中を襲撃し、ヴァレリアは死体の中からアンクを見つけ出した。

Later, when Aquilus was studying the Ankh with his wife Valeria, they were arrested by Roman soldiers, who took the Ankh from the couple. After an assault on the convoy by Accipiter, Valeria was able to reclaim the Ankh from one of the dead soldiers.[1]

アクシピターの望みで、ヴァレリアは戦争の最中アンクを持って身を潜めた。

On Accipiter's request, she took the Ankh with her and hid it somewhere, due to Accipiter himself being in the middle of a war.[1]

ドイツ 編集

14世紀 テンプル騎士団の一組織ブラザー・オブ・ザ・クロス黒死病から保護するためにヨーロッパ中をめぐり旅をしていた。

ドイツのアサシンルーカス・ザーバグは、彼らがアンクを探していることに感ずいていた。その時はアンクは中央ヨーロッパにあるという噂だった。


, the Brothers of the Cross, a Templar organization, traveled across Europe to offer protection from the plague. Lukas Zurburg, a German Assassin, suspected them to be after the Ankh, which was rumored to be located in central Europe at the time.[3]

1350年 ルーカスとブラザー・オブ・ザ・クロス同時にその存在を消した。

In 1350, the Brothers of the Cross and Lukas both disappeared.[3]

トリビア 編集

  • アンクはクラック・スアンセータのシンボルとして知られ、古代エジプトでは永遠の生命をあらわすヒエログリフで数多くの神やファラオが身につけていた、
  • アンクに刻まれたマークはメッセージを伝えると言われてきた。

ギャラリー 編集

参照 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 Assassin's Creed (French comic): Tome 3, Accipiter
  2. Assassin's Creed (French comic): Tome 2, Aquilus
  3. 3.0 3.1 Assassin's Creed: Discover Your Legacy

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki