FANDOM


作品アイコン-AC1作品アイコン-AC2作品アイコン-Discovery作品アイコン-Brotherhood作品アイコン-Project Legacy作品アイコン-Recollection作品アイコン-Renaissance作品アイコン-Brotherhood book作品アイコン-Revelations book作品アイコン-Lineage作品アイコン-Ascendance作品アイコン-Embers

30pxウィキペディアのロゴ


イタリア(Italy) (イタリア語:Italia)は、南ヨーロッパに位置する。イタリア半島およびその付け根に当たる部分と、地中海に浮かぶ2つの大きな島(サルデーニャ島、シチリア島)からなる。国土北部のアルプス山脈において、フランススイスオーストリアスロベニアと国境を接てる。またサンマリノ、ヴァティカンの領土を取り囲んでいる。首都はローマ

歴史編集

15世紀 イタリアで発祥した文化運動ルネッサンスはヨーロッパ中に波及した。この時点のイタリアは統一されておらず、多数の都市国家がイタリア統一を目指していた。主要な都市国家はフィレンツェ共和国ヴェネツィア共和国教皇領である。イタリアでのアサシン教団テンプル騎士団の戦いはローマ帝国時代から続いていたが、その戦いが最も熾烈を極めたのはルネッサンス期である。[1]

ルネッサンス期1476年 テンプル騎士団の総長となったロドリゴ・ボルジアは、主要都市(ミラノフィレンツェヴェネツィア、ローマ)をテンプル騎士団により支配下する計画を立てた。[2]その計画はアサシンエツィオ・アウディトーレの手によりことごとく妨害された。にもかかわらず、ロドリゴは教皇アレクサンデル6世となりローマと教皇領の支配権を獲得した。[1] 彼の息子チェーザレ・ボルジアは教皇軍総司令官となりイタリア各地を征服していった。 しかし、アサシンの行動のおかげでイタリア、ローマに対する騎士団の影響力は低下し、チェーザレは自分の失敗の原因が父親にあると攻め殺害した。 チェーザレは父親の後に教皇となったピウス3世ユリウス2世からの支持は得られなかった。結果、テンプル騎士団はアサシンの影響力が大きなイタリアから離れる事を余儀なくされた。[3]

21世紀においてはテンプル騎士団のフロント企業アブスターゴ社はローマにアニムスブロジェクト研究所をおいた。[3]デズモンド・マイルズ、ルーシー・スティルマン、ショーン・ヘイスティングス、レベッカ・クラインからなるアサシンチームはデズモンドがローマの施設を脱出した後数週間国内を旅して回った。

参照編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。