FANDOM


Eraicon-AC3.pngEraicon-TWCB.png

 
30pxウィキペディアのロゴ.png
 
 
"その被験者に名乗り出たのがエイタだったのだ。エイタ、わが夫、わが愛しの人。"
―ジュノー[src]
 
AC3 Juno Aita.png

A hologram of Aita and Juno

エイタ(Eita)は第一文明 の一員で、ジュノー の伴侶であった人物。アイタ(Aita)の名でも知られる。カピトリーノ三柱神 が地球に降りかかる災厄 を防ぐ手段を検討している際に、自ら危険な実験の被験者となることを志願した。

経歴編集

紀元前75010年の人類・第一文明戦争 の勃発後、エイタはジュノーやジュピターミネルヴァ を手伝い、大神殿 に送られてくる大災厄を防ぐための解決案を検討していた[1]

彼らが試みた解決法が3つ続けて失敗した後、彼らは第4の方法として自分たちの意識を他の容器、即ち機械や人類の体に移し替えることで災厄による種の滅亡を防ごうと考えた。エイタはその被験者に自ら志願した[1] [2]

彼の精神を機械と人体に転送したのち、エイタの精神状態は急速に悪化した。彼の肉体が生きている間、彼の精神はより脆く不安定なものになっていった。彼は意識がしっかりしている際に自身の妻に、今後数か月を彼を救うための無駄な努力に費やすのは止めて、この苦しみを終わらせるよう懇願した[1]。彼女は人間のDNAの中にエイタの遺伝子配列をバラバラにして加えることで、人類が世代を重ねるにつれエイタの遺伝子配列が徐々に再現されていくようにするという計画を次第に思いつく。その意図をエイタに伝えた後、彼女は彼の心臓を自ら突き刺すことで彼の願いを成就させた[1][2]

続く数千年の後、エイタは様々な人の肉体を憑代にしてこの世に再び生を受けることとなる。彼の記憶の一部を持って生まれた、トム・カヴァナーバーソロミュー・ロバーツジョンなどの「賢者 」として知られる者たちである。カヴァナーは、観測所に到達するまでの間、二つの並行した記憶を上手く処理する事が出来なかった。同様の混乱をロバーツやジョンも経験したのかどうかは不明である。アサシン教団 によると、1716年の時点で80人以上の賢者が確認されているという[2]

性格編集

多くの第一文明の人物と同様に、エイタは人類という種に失望し、嫌悪さえしているようである。こうした見解は彼の転生後も受け継がれているようで、アブスターゴ社の従業員であるジョンやロバーツらも同様の考えを示している。

エイタはジュノーとの再会を企図しているようで、人類の体に彼女の精神を宿らせることでこの悲願を果たそうとしている。

トリビア編集

  • エトルリア神話では、エイタは冥界を司る神の名であり、ギリシア神話のハデスやローマ神話のプルートに相当する存在である。 エトルリア神話におけるエイタは、髭を蓄え、頭にオオカミの毛皮を被った姿で描写されることが多い。
  • エイタの転生した姿である賢者の中の数人は、謎の女性の写真が入ったネックレスを身に着けている。

脚注編集

 

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki