FANDOM


Eraicon-Syndicate.png


No image.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
"It seems that the Piece of Eden that Miss Thorne is seeking is a Shroud of Eden, which the Assassins recovered at some point before they left London. Where that Shroud is, or why Miss Thorne seeks it, are still a mystery."
―Evie Frye on the Shroud of Eden, 1868.[src]
エデンの布
ACS Shroud of Eden.png
概要
種類

エデンのかけら

能力
  • 治癒
  • 肉体の増強
現在地

テンプル騎士団が所持

歴史情報
期間

先史時代から現代

作者

第一文明, コーンスス

主な所持者

エデンの布(Shroud of Eden #2) は古代に高度な文明を持つイスによって作られたエデンのかけらの一つである。天才科学者と呼ばれたコーンスス統一への戦争で傷ついた人を救うために創りだした。イス紀1923年に作られた聖骸布はエデンの布のプロトタイプに当たる。

歴史編集

"I hope you never find the Shroud, you have no idea what it truly can do."
―Lucy Thorne to Evie Frye, 1868.[src]
エデンの布は1722年以降にイギリスのアサシンエドワード・ケンウェイが発見する。手に入れたエドワードはロンドン塔に秘かに隠し、その場所の手掛かりを手記に記して後のアサシンに託した。


エドワードの死後、ビクトリア女王の夫アルバートにより発見され、改修中のバッキンガム宮殿に作った地下宝物庫に収められた。

1868年 アサシン教団とテンプル騎士団双方は遺物を見つけ出そうとした。最終的にイギリス騎士団支部長クロフォード・スターリックが発見し身につけた。そこに後を追ってきたジェイコブ・フライエヴィー・フライヘンリー・グリーンが駆けつけてくる。布により肉体が強化され傷が急速に治癒するスターリックだったが、アサシン達に首から布を引き剥がされとどめを刺された。布はまた同じ場所に安置された。

2015年 ビショップの支援を受け新人さんのがフライ姉弟の遺伝子記憶シンクロして布の場所を特定する。その情報をもとにショーン・ヘイスティングスレベッカ・クラインガリナ・ヴォロニナそこに到着する。そこにヘンリー・グリーンの遺伝子記憶から場所を特定したユハニ・オッツォ・ベルグイザベル・アーダントヴァイオレット・ダ・コスタの騎士たちが到着し両者は対峙する。

最終的に布はヴァイオレット・ダ・コスタに回収されフェニックス・プロジェクト責任者アルヴァーロ・グラマティカに渡される。ダコスタは秘かにジュノーと通じており。ジュノーの体を再構築するために布を使おうとしている。

能力編集

プロトタイプである聖骸布と同じように刺し傷、切り傷など重度の外傷も一瞬で治癒することが出来る。

クロフォード・スターリックが着用した時は、致命傷レベルの傷を一瞬で治癒した。それだけではなく、アサシンであるフライ姉弟を圧倒するほどの身体能力を得た。しかし、布が身体から離れるとその力は失われた。

References編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki