Fandom

ASSASSIN'S CREED Wiki

クラン・ガル

607このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
作品アイコン-AC2.png作品アイコン-Brotherhood.png作品アイコン-Secret Crusade.png作品アイコン-Assassins.png

クラン・ガル Qulan Gal  (クーラン・ガルとも)はアサシン教団モンゴル支部のメンバーである。

彼はダリム・イブン・ラ・アハドと共にチンギス・ハーン暗殺を成し遂げた功績により教団でも名が聞こえていた。

生涯編集

若年期編集

クラン・ガルは弓の名手として知られ、アサシン教団モンゴル支部の主要メンバーだった。[1]

13世紀初頭 征服者チンギス・ハーンは暴虐を尽くしモンゴル中を混乱に巻き込み、その背後にはエデンの果実が存在する可能性を感じクラン・ガルは彼に立ち向かうことを誓う。[1]

チンギス・ハーン暗殺編集

1217年から1227年の間に レヴァント導師アルタイルは彼の息子を連れ、クラン・ガルに接触を求めてきた。[2]

1227年 彼らは徐州興慶の陣中でチンギス・ハーンを暗殺する計画を立てる。クラン・ガルとアルタイルは陣中に乗り込みダリムは弓矢での援護にあたった。アルタイルは敵兵に発見され攻撃を受けるが、クラン・ガルは見方を呼ぶ前に敵兵を殺し陣中へ侵入することができた。その間ダリムは計画を立てていた。[2]

クーラン・ガルとダリムはチンギス・ハーンを陣中からあぶりだす計画を遂行し、チンギス・ハーンは危険を感じ陣を逃げ出した。クラン・ガルは即座に馬を射てチンギス・ハーンは落馬その衝撃で命を落とした。ダリムは念の為に弩でチンギス・ハーンにとどめを刺した。[2]

遺産編集

チンギス・ハーン暗殺での活躍で教団はその勢力を拡大させた。[2] それにより彼は大きな賞賛を得てイタリアモンテリジョーニヴィラ・アウディトーレ聖域に彼の銅像が作られた。.[1]

ルネッサンスの頃、彼の棺はフォルリロッカ・ディ・ラヴァルディーノに移された。エツィオは彼の墓所を探索し棺から印章を手に入れた。[1]

Gallery編集

参照編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki