FANDOM


作品アイコン-AC1作品アイコン-AC2作品アイコン-Brotherhood作品アイコン-Revelations作品アイコン-Assassins作品アイコン-featured

テンプレート:WPBrotherhood

"What is a man but the sum of his memories? We are the stories we live! The tales we tell ourselves!"
―クレイ・カズマレク[src]


クレイ・カズマレク(Clay Kaczmarek) (1982 – 2012)またの名を 被験体16号は21世紀初頭のアサシン教団のメンバーである。職人の家庭に生まれ、発達障害[2]や怠け者の父に起因する精神的な問題があった彼は、受け入れてくれる存在を探しアサシンに加わった。

アサシンとして最も重要な任務は、アニムスの詳細な情報を得るためアニムス計画を進めるアブスターゴ社に潜入することだった。そこで彼は被験体16号のラベルを与えられ、遺伝子記憶を介して先祖の記憶を追体験することになった。

彼は仲間のルーシー・スティルマン[3]が計画を中止し敵であるテンプル騎士団に加わったことをしってから、日に何時間もアニムスの中で過ごさなくてはならないようになった。そして彼は自身の記憶と先祖の記憶の境目がわからなくなり精神が崩壊し、自殺した。

彼の疑わしい自殺の後、その意識はアニムスの中でAIとして再現され存在する。このように彼はアニムス計画の後任デズモンド・マイルズを助けるため内部からプログラムを操作していた。

生涯編集

少年期編集

"Though the specific symptoms may vary from subject to subject, the end result is the same: they lose their minds. This is what I believe happened to Subject Sixteen."
―Lucy, in an e-mail to Warren.[src]

ハロルド・カズマレクとその妻の間に生まれた息子クレイは、父親から家を継ぎ職人になることを運命づけられていた。幼い頃、彼は宇宙飛行士になりたいと父に将来の夢を話していた。彼が成長すると父との亀裂が生じ親の期待から大きくそれるようになった。[1]

2007年以前の何時か クレイは大学の工学部に受かったが、父親はそれが一流の大学ではないことに失望した。落胆したクレイはその気持ちを話すため、精神科医へかかりはじめた。この頃アサシン教団のウィリアム・マイルズと接触し、父親にだまり教団へ入団した。それにともなって精神科医は理由は分からないが彼の行動や態度が改善したことに気づいた。[1]

その時からクレイは時折2010年初頭からの景気低迷で困窮する家族を養うために、父親との接触を続けていたが、過度にクレイや母親を頼る態度から母親はハロルドを置いて家を出た。[1]

アブスターゴ潜入編集

"We need to go deeper next time. Find out what Abstergo's really looking for inside our DNA."
―William to Clay.[src]

2010年 ウィリアムはクレイにテンプル騎士団のフロント企業アブスターゴ社への潜入を命じた。彼の仕事はCEOであるアラン・リッキンのコンピューターを探し出し、秘密裏に行われているアニムス計画の詳細を明らかにすることだった。彼の働きは成功し、計画につぎ込まれた多額の資金や、計画責任者ウィーレン・ヴィディック博士の名前イタリアにある新しい施設をアサシン達に教えた。その成功を受け、教団は彼を博士の計画の被験者として潜入させることにした。その時クレイは仲間がアブスターゴに深く潜っていることを知った。ルーシーが計画が終了すれば彼を逃がすと約束し、彼は作戦に同意した。[1]

2011年02月01日 アブスターゴのLineage Research and Acquisitionチームに捕まりアニムスの被験体16号となった。ヴィディック博士によってアブスターゴ研究所に拘束され、長時間先祖のエツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェの記憶を追体験させられた。これを通してクレイはヴィディック博士の遺伝子記憶を探る目的はエデンのリンゴを探し出すことだと理解した。このことを博士に尋ねた時、博士は生きては帰れないと脅した。その後ウィリアムに連絡を取ると今は仕事に集中して時が来ればルーシーがルーシーが助けだすといった。[1]

最終的に、アブスターゴの真の目的を知り脱出の時は来たと判断した。が、残念なことにこの時点で彼はアニムスに長時間入った影響で「流入現象」に苦しみ、アニムスがなくとも先祖の記憶を追体験出来るようになってしまった。この時ジュノーと名乗る人物から彼の運命の事、ルーシーのこと衝撃的な事実を教えられた。[1]

真実編集

"I promised to protect you, but I can't let you leave. William and the others must never know. I'm sorry."
―Lucy, in a letter to Clay.[src]

死ぬ間際クレイの最終的な目的は後任者であるデズモンド・マイルズへのメッセンジャーだと知り怒った。彼を納得させるためジュノーは長い間の孤独と放棄が、テンプル騎士団のスパイルーシによって教団にもたらされると言った。この裏切りはクレイに衝撃を与え将来起こる事件のため現実に引き戻した。[1]

しばらくしてルーシーはクレイが事実を知っていることを発見して、彼女はその意図を説明しようとした。ウィリアムと他のアサシンは目的のため命を奪ったがテンプル騎士団はそれをしなかったと言った。彼女は彼の気持ちを変えられなかったが、彼を守るという約束は果たすという。彼女は彼の発見したものを博士から隠したが逃がすことはしなかった。[1]

死後編集

"お前がなろうと望んだもの愛するもの全てが、すでに失われている。"
―16号のホログラム[src]

数週間、エデンのリンゴを探し出すヴィディック博士の試みに耐えながら、綿密にメッセージと自殺の準備を続けた・[1] 最終的に、夜の間ハッキングを繰り返し、アニムス内に自分の人格をコピーしたAIを作り出すし後任者によって集められるよう30個分割し隠し、彼の父親に一通のメールを送った。[4]

[[ファイル:エンディング直前デズモンドの部屋の落書き.png]|thumb|250px|right|16号からデズモンドへ]]

翌日、ボールペンで手首を切り裂き血を流し、部屋に後任者が見つけてくれることを期待してメッセージの残した、。[1][5]その後、死体はアブスターゴによりローマテベレ川に投げ捨てられた。[1]

そう長くないうちにデズモンド・マイルズはアブスターゴに誘拐され、アニムス計画に参加させられた。やがて、アブスターゴから脱出し、アサシンの隠れ家でエツィオ・アウディトーレの記憶の中から見つけだし調査を始める。アサシン達はクレイがアニムスをハッキングし、20のシンボルをの視覚メモリにレンダリングしていることを知った。これはルーシーが盗みだしたアニムのメモリーコアからレベッカ・クラインが知らずにアニム2.0.に移行させたものだった。[5]

全20のファイルを復号し「date classified BCE」というビデオを発見した。その中ではアダムと[[イヴが手にエデンのリンゴを持ちガラス張りの建物をフリーランしていた[5]

奇跡は処刑の中のデズモンドと16号

アニムスの中で16号と合うデズモンド

隠れ家から逃げ出した、デズモンド、ルーシー、レベッカ、ショーンイタリアモンテリジョーニヴィラ・アウディトーレへ移動した。そこでエツィオの記憶の中ルネッサンスローマで10の座標を見つけた。その座標に一致するランドマークを調べると、アニムのプログラム内に亀裂を発見する。[6]

その中に存在するクラスタパズルをすべて解いた。それらをコンパイルすると歪んだ画像と「奇跡は処刑の中にある」というメッセージが表示された。これはシンボルに隠されたビデオとは違い実行ファイルだった。[6]

それをデズモンドが実行するとアニムスの未知領域のにアップロードされた、そこでトレーニングプログラムに似た仮想空間の迷路を進んでいった。[6]

迷路の終わりに壊れたコード出できた16号のホログラムが現れた。それは希望は失われた、エデンに居るイヴを見つけろとデズモンドの話消えた。[6]

追憶の旅編集

デズモンド: "16号!? 死んだはずじゃ。"
クレイ: "おい、名前で呼べよ。"
―アニムスの島て[src]
アニムスの島を説明するクレイとデズモンド

アニムスの島を説明するクレイ

デズモンドたちはコロッセオ地下での宝物庫でエツィオのリンゴを見つけ出す。そこでジュノーと出会いまだ裏切り者だと知らなかったルーシーを殺害させられる。このせいでデズモンドは昏睡状態に陥りその心を守るためウィリアムによってアニムスに入れられる。[6]

デズモンドはアニムスの中でデータで構成されたクレイに会う。そこで、クレイは今いる場所はアニムスのセーフモードの中だと教える。そして脱出する方法はシンクロの接点を見つけ出し、アルタイルやエツィオの記憶から自分の記憶を分けることだと教えた。[4]

デズモンドは仲間との連絡が取れないので、クレイはデータベースアーカイブ担当としてショーンの代わりを務めた。自分自身のエントリーを作り名前と、エツィオを祖先に持つ遠い親戚だと伝えた。

アニムスの島では クレイはデズモンドにアニムスは遺伝子記憶を見た後で、そこはアニムスもファイルセーフであるという。しかし、異物として排除される危険があるのでアニムスが気づくのを遅らせていた。

On Animus Island, Clay also mentioned that the Animus would resist his attempts to view further genetic memories and keep pulling Desmond back into the simulated island they were in – the designated compartment for Desmond's consciousness. However, Clay said that he would help prevent the Animus from noticing him "wandering" into the outside partitions of his memory, just in case it concluded Desmond to be a virus and enacted a deletion.[4]

自分の体に戻るため動いる時、クレイは一緒に行くことはできないのかと尋ねた。その時彼はおそらく唯一のチャンスを無駄にしたと答えた。

At one point, as Desmond worked to return to his body, Clay asked him if he could come with him, perhaps until he could find a body of his own. As Desmond hesitantly declined, Clay admitted that he was not surprised, and that perhaps he had wasted his only chance.[4]

アニムスの中で消えるクレイ

消える16号

島でクレイはデズモンドに尋ねた。これまでの人生を後悔したことはあるかと。親をもっと寛容に受け止めればよかったが逃げ出した、ルーシーのことは別の形で知りたかったと答え。クレイは再び消える前に、もう一度意味を与えてくれてことをデズモンドに感謝した。

On another re-entrance to the island, Clay asked Desmond if he had ever regretted anything in his life. After Desmond admitted that he had wished he had been more patient with his parents, whom he had run away from, and that he wished things would have turned out different with Lucy, Clay simply thanked Desmond for making sense before vanishing again.[4]

デズモンドが記憶の接点を見つけ、アニムスは融合した記憶を治そうとし始めた。そして、アニムスの島を削除しようとした時クレイはデズモンドを抱きしめアニムスから放り出して彼の命を救った。

When Desmond had come close to completing the Sync Nexus, the Animus began to attempt to rectify the intrusions he had been causing in other memories. As it began to delete the Black Room and all of its contents, Clay grabbed onto Desmond and threw him out of the room after a final embrace, saving Desmond's life.[4]

遺産編集

"We've found a perfect candidate named Desmond Miles. His ancestral tree fits the data gathered from Subject 16's memory of Ezio Auditore."
―Warren Vidic.[src]

テンプル騎士団はその死後ヴァチカンの宝物を場所を知らないままクレイの死体を捨てた。彼らは別のアサシンアルタイルの

Following Clay's physical death, the Templars were left without the location of the Vatican Vault; though they had gained the knowledge that another Assassin, Altaïr Ibn-La'Ahad, had once seen a map projected by another Piece of Eden that could help them find it.

アルタイルとエツィオの子孫デズモンド・マイルズを探し出しアニムスの被験体にした。 [7]

デズモンド・マイルズがアニムスのセッション中博士のメールにアクセスするこで、クレイに関する情報を得た。その内容には、ルーシはデズモンドを酷使することを懸念していた。しかしそのメールに返信はなく、博士が削除していた。[7]

クレイが残したアニムス内のシンボルによってデズモンドはアサシンとテンプル騎士団について多くの秘密を知った。[6]

先祖編集

"For centuries we've been fighting a war against the Templars, a secret society dedicated to controlling mankind."
―William to Clay.[src]

クレイにはアブスターゴが興味を持つ先祖が多くいた。彼の直接的な先祖は職人の家系だったで一般的だった。しかし、クレイはかつて来たりし者に反抗した最初の人間アダムイブの直系の子孫だった。アダムは人間とかつて来たりし者の血を引き、クレイの中にはかつて来たりし者の血が濃く残っていた。[5]

クレイはの先祖は古代アフリカ、ローマ帝国、極東。アブスターゴは特に14世紀初頭にドメニコ・アウディトーレによって起ったアウディトーレ家に注目した。[5] 彼の次の先祖は隠し子だったので、アウディトーレの血はエツィオで終わった。[8] [4]

誰であるか不明だがイザベラ女王[5][9] ジャン・ド・ラ・フォンテーヌ,[1] アメリカ 南北戦争ゲティスバーグの戦い とも関係のある人物が祖先にいる[5]

性格編集

クレイ: "壊れちまったのさ…お前さんの、心は"
デズモンド: "壊れた? 俺は元気だぞ"
クレイ: "俺もさ!はっはっはっ"
—アニムスの島で[src]
俺もさ!クレイ

元気な16号

彼のAIからじつは皮肉屋で、小粋な男だと判明した[10]。そして、冷淡にユーモアを交えて非道状況を解説した。[4]

流入現象のせいで彼は狂い始めていたが、最後の仕事を終わらせるため働いた。[1] そして、現実と記憶の境が曖昧になり異界不能な手がかりを残した。しかし、命をかけてでも真実を明らかにしようとした。[4]アニムスの中に閉じ込められ、自分はもう救われないのが分かっているにもかかわらず、デズモンドを助けた。[4]

トリビア編集

IAMALIVEのアイコン
  • 英語版でクラスタパズルをすべて解くと取得できる実績はモールス信号".. .- -- .- .-.. .. ...- ." ( for "I AM ALIVE")でそのアイコンは ".---- -...."(16)
  • デズモンドの追憶の旅ティザートレーラには「Base64」で暗号が隠されている。内容は、"08082012 I Am Not Alive" クレイは死亡んている事と、その日時
  • フランスコミック版では、「マイケル」呼ばれていたがその名前はゲームのイベントで公式に否定された。
  • カズマレクはポーランド起源の姓でポーランド系かも知れない。

Gallery編集

参照編集

  1. 1.00 1.01 1.02 1.03 1.04 1.05 1.06 1.07 1.08 1.09 1.10 1.11 1.12 1.13 Assassin's Creed: Revelations - 失われた記憶
  2. 英語版の直訳、日本版ではカウンセリングの時そう匂わせる描写はない多分
  3. クレイの前年からアブスターゴに潜入し下準備を整えていた
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 4.7 4.8 4.9 Assassin's Creed: Revelations
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 Assassin's Creed II
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 6.5 Assassin's Creed: Brotherhood
  7. 7.0 7.1 Assassin's Creed
  8. 即ち、ソフィアとの間に子供が生まれる前のこども
  9. 多分フォルリの戦い以降でスペインに行ったエツィオ
  10. 2やBHの頃のミステリアスで狂った雰囲気は吹き飛んだ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。