FANDOM


Eraicon-Project Legacy.pngEraicon-Syndicate.pngEraicon-TWCB.png

30pxウィキペディアのロゴ.png



PL MasterHQ.png エツィオ、やあ!今日は何の用で?

この記事では、改訂が切望されています。基準達成するためにスタイルのマニュアルに従って改善してください。

PL ArtisanHQ.png 辛抱強く待て、兄弟よ。 Assassin's Creed: Syndicateに隠された秘密はすぐに明らかになる。

この記事の情報は古くなっています。記事を最新の情報に更新して、このテンプレートを削除してください。

"私はコーンスス、博識の神だ"
―コーンススの第一声[src]
コーンスス(

Consus)イス[1] であり、鍛冶の神ヘパイストスの弟子で天才科学者として知られている。統一への戦争での犠牲者を救うためエデンの布のプロトタイプ聖骸布を制作する。後に老いによる死への恐怖から聖骸布にその精神をアップロードした。[2]1500年代初期、ボルジア家に生まれたアサシン、ジョヴァンニ・ボルジアの庇護者のような役割を持っていた。 Towards the end of his natural life Consus, afraid of death, transferred his conciousness into his prototype Shroud of Eden. In the early 1500s, he became a guardian of sorts to Giovanni Borgia, an Assassin born into the notorious Borgia family.

生涯編集

第一文明編集

トバ・カタストロフ以前にコーンススは天才科学者としてイスの間でも名を知られていた。イス期1923年に統一への戦争の犠牲者を救うため、着用すると健康な肉体に戻す効果のあるエデンの布のプロトタイプ聖骸布を完成させる。その身に死期が近づくと聖骸布に精神をアップロードし死を逃れようとするが、試みはなかば失敗に終わり精神は聖骸布に閉じ込められることになった。.[2]

死後編集

ジョヴァンニの庇護者編集

"Consus is standing next to me. He is watching. He does not speak much. Papà tells me he is not real, but I see him."
―Giovanni, regarding Consus.[src]

1498年 生まれたばかりのジョヴァンニ・ボルジアは先天的な障害により数日の命だとされていた。父親であるアサシン、ペロット・カルデロンは息子を癒やすことが出来るかもしれない聖骸布を盗み出し、まとわせた。[3]


Entangled.jpg

Giovanni and Consus spying on Fiora and Cesare

その後ジョヴァンニは幼少期を通して居ないはずの存在を見ていた。コーンススはジョヴァンニの頭の中に話しかけアドバイスをしていた。

Throughout his childhood thereafter, Giovanni would have delusions of seeing a nonexistent being, whom he befriended and called Consus. Consus often spoke in Giovanni's head and gave him advice, even once allowing Giovanni to read a letter given to him, though the boy himself did not know how at the time.[4]

コーンススの思想はアサシンに賛同し、テンプル騎士団に反対しているように思われる。ジョヴァンニの祖父がコーンススについて聞くと、コーンススは居ないと答えた。それはコーンススが「おじいちゃんがいる時は遊ばない。」と言ったからであった。[4]

1503年 フィオラ・カヴァツァがアサシンのためにエデンのリンゴを取り戻しに来た時、コーンススはジョヴァンニにリンゴを彼女へ渡すように説得しようとした。,[5] その後ジョヴァンニはフランチェスコ・ヴェツェッリオの勧めでアサシン教団に加わることになる[4]


Though these hallucinations did not appear to occur later in his life, Giovanni did not forget them. Upon bringing the Crystal Skull to Bombastus in 1520, he met a madman by the name of Johan who, upon seeing him, called out to Consus, causing Giovanni to demand him for an explanation of using the name. However, the Assassin received none, as Johan fearfully mumbled that he had mentioned "consent".[6]

博識の神編集

"Giovanni drops to the floor, unconscious. I kneel beside him. His eyes suddenly open, but a stranger gazes at me. Giovanni's face alters before my very eyes!"
―Maria with Giovanni in the temple.[src]
PL-Shrine.png

Giovanni's face being altered

When Giovanni and Maria Amiel traveled to the Temple of Pythagoras in the late 16th century, the Vault within it reacted to Giovanni as it would to a descendant of the First Civilization, shining with symbols and glyphs.[7]

When Giovanni fell unconscious and awoke soon after, his face had changed into that of a seemingly ancient entity. He spoke in a distant and unfamiliar voice, where he claimed himself to be Consus, the Erudite God.[7]

最後の死

2014年 フェニックス・プロジェクトの研究責任者アルヴァーロ・グマラティカは聖骸布を手に入れ、重傷者の傷を癒やす時にコーンススが着用者に憑依しコミュニケーションが取れることを発見する。アルヴァーロはヴァイオレット・ダ・コスタに聖骸布をまとわせ彼女の頭を撃ち抜き、何度もコーンススを呼び出し話を聞いた。

2014末 聖骸布はパリの研究所を襲ったショーン・ヘイスティングスガリナ・ヴォロニナによってアルヴァーロごと破壊されるが、コーンススは最後の力でアルヴァーロを修復する。[2]

Legacy編集

Years after his death, during the Human-First Civilization War, it was Consus' transference of his own conciousness into a Piece of Eden that inspired Juno to place her faith in a similar solution to help her species survive the impending Catastrophe. She attempted to transfer the conciousness of her husband, Aita, into a synthetic body, but the result left him comatose; he was euthanized shortly thereafter.[8]

Trivia編集

  • Consus was a Roman deity assigned to protect the grain. Later, he also became known as a deity of secret counsel.

References編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki