FANDOM


作品アイコン-AC2作品アイコン-Brotherhood作品アイコン-Renaissance作品アイコン-Brotherhood book

30pxウィキペディアのロゴ


この記事の WikiProject場所
Assassin's Creed シリーズに登場したすべての
場所ランドマーク を記事にする計画です
WPロケーション01
システィナ礼拝堂内部

システィナ礼拝堂

システィナ礼拝堂(Cappella Sistina)ローマヴァチカンにある教皇の礼拝堂でカトリック教徒の信仰の中心である。

歴史編集

概要編集

ソロモン神殿の建築様式の影響を受けたシスティナ礼拝堂はバチカン宮殿(法王の官邸)で最有名な建物である。[1]

法王の個人的な礼拝堂としてしばしばミサが開催される。その役割で最も重要なのは教皇選出のためのコンクラーヴェである。その時は枢機卿たちが教皇選出まで缶詰[2]にされた。[1]

ルネッサンス編集

1476年 アサシンクリードリネージでロドリゴ・ボルジアが教皇シクストゥス4世に会うシーの前に建設中の礼拝堂が見える。 1492年 ロドリゴ・ボルジアは教皇アレクサンデル6世となりヴァティカン宮殿へ引っ越した。 7年後の1499年 エツィオはロドリゴ・ボルジアの暗殺と礼拝堂の地下にある宝物庫へ行くために潜入した・ [1]

エデンの果実を使った戦いはロドリゴがの力でエツィオからリンゴを奪い、動けなくして刺した。

目を醒ましたエツィオは、礼拝堂にある2つのボタンを押し、扉を開けて地下に降りた。その先でロドリゴを素手でボコボコにしたエツィオは宝物庫に入りミネルヴァと名乗るかつて来たりし者に出会い話を聞かされた。[1]そこから出ると叔父マリオ・アウディトーレが礼拝堂から彼を連れ出した。[3]

ギャラリー編集

参照編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。