FANDOM


Eraicon-AC3

"In the chaos, I will slip inside, find Charles Lee -- and silence him forever."
―Ratonhnhaké:ton.[src]

ジョージ砦攻撃(Attack on Fort George)は1781年9月16日に起こったニューヨークテンプル騎士団支配下のジョージに対するアサシンの攻撃である。 was an

チェサピークの戦いフランス海軍のをたすけた後、コナーはグラス提督の援護攻撃を得て砦に潜入する。


潜入編集

グラス提督の協力を取り付けたコナーは街の地下で待っているラファイエットと仲間のアサシンに合流するためニューヨークへ向かった。到着するとラファイエットはグラス提督の艦隊は準備が終わっていて後は攻撃開始を知らせるために砦の信号塔に点火するだけだといった。

用意が整いコナーはジョージ砦を取り巻く軍事地区に入った。発見されないよう屋根の上をフリーランで砦まで移動した。

信号塔に達しそれをよじ登りグラス提督と部下たちに砲撃開始の火を灯した。

父と子編集

コナー: "愛国派は支配なんて求めてない ここに王の居ない国を創るんだ この国で力を持つのは、そう! 民衆だ!"
ヘイザム: "民衆こそが権力者か、まさに幻想だな 彼ら自身望むまいさ、権力なんてな 権力にはとてつもない責任が伴うものだ 責任をとるのは嫌なものだ"
―Assassin's Creed III

包囲されている塔の下へコナーは干し草の上にイーグルダイブする。干し草の山を出ると砲弾により生じた破片をくらい気絶した。

重症を負ったコナーは目を覚まし、砦の中庭にでて大声でリーを呼んだ。代わりに現れたのは植民地騎士団総長で彼の父でもあるヘイザム・ケンウェイだった。ヘイザムはコナーを殴り倒し、コナーは報復にヘイザムの股間を殴る。短い殴り合いからコナーはヘイザムの腕をアサシンブレードで刺した。 ヘイザムがよろめいたのでコナーはリーを渡すように要求したが、ヘイザムはリーには人を導く使命があると拒否した。そしてヘイザムは剣を抜き、コナーはトマホークで応戦した。

ACIII-Laststand 16

Ratonhnhaké:ton and Haytham fighting

戦いの最中二人は関わった戦争の側面について議論を交わした。コナーは自由と権利を擁護し、ヘイザムは自由こそが危険な考え方で最終的に戦争を引き起こすと主張した。彼らがやりあう中付近に砲弾が落ち二人は倒れこんだ。

コナーはヘイザムの方へ這って行き降参するなら殺さない提案。その答えにヘイザムはコナーの上に乗りかかりテンプル騎士団は決して滅びることはないという。選択肢の無くなったコナーはアサシンブレードをのばし父の首をさした。

瀕死のヘイザムはコナーの事を誇りに思う、さっさと殺すべきだったと言った。

Reference編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki