FANDOM


Eraicon-AC4

30pxウィキペディアのロゴ


No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。

スティード・ボネット(Stede Bonnet) (1688年頃 – 1718年)は18世紀初頭に13植民地東海岸で活動していたイングランド系バルバドス人の海賊である。彼は海賊となる前裕福な地主だったこともあり「紳士海賊」の愛称で呼ばれる。

特殊な生い立ちにも関わらずエドワード・ケンウェイやエドワード・サッチを始めとする名の通った海賊たちから気に入られ仲間となっていた。


生涯編集

若年期編集

バルバドスの裕福な砂糖農場の息子として生まれたボネットは7歳で両親を亡くし、農場を相続することになった。


エドワード・ケンウェイと出会う編集

1715年6月 ボネットのスクーナーは砂糖を売りにハバナへ向かう途中キューバボナビスタ岬で補給をしている時、海賊との戦闘で船を失った英国海軍に止められた。船を取り上げキングストンへ向かおうとする彼らの要求をボネットは拒否したが、船長は殺されボネットは暴行を受ける。ちょうどその頃ダンカン・ウォルポールを殺し服や荷物を奪いハバナへ向かおうと船を探していたエドワード・ケンウェイが英国兵たちを倒しボネットを助けた。殺された船長の代わりを買って出たエドワードと2人でハバナへ向かうことになった。


7月 ハバナに到着した2人は連れ立って向かった酒場で、ダンカンのふりをしていたエドワードの名前とナッソーの海賊である事を知っている男たちが居た。エドワードは警告するが、喧嘩になり男たちを叩きのめすと騒ぎを聞いたスペイン衛兵隊が駆けつけてきた。ボネットは衛兵にエドワードの共犯者だと勘違いされ暴行を受け砂糖を没収されてしまう。

衛兵の眼を逃れ係留場所に戻ったエドワードはひどく殴られた後のボネットからエドワードの荷物と商品を没収されたと聞く。エドワードは商品を取り戻すと約束したがそれはかなわなかった。しかし幸運にも残りの在庫で商売を続けることができたその時ボネットはエドワードの本名を初めて聞く。 残りの砂糖の買い手を見つけたボネットはエドワードがテンプル騎士と一緒にいる時に興奮してエドワードの名前を呼んだ。その後、ラウレアーノ・トーレス・イ・アヤラ総督から貰った報酬が少なすぎると愚痴るエドワードに商売が順調に終わりかなりの利益を出した事を知らせようとした。


海賊となる編集

2年後の1717年  ボネットが29歳の時「心の病」により潤沢な資金を元手にスクーナー船リベンジ号を造らせ、海賊になるため妻子を捨てバルバドスの北に向かい出港した。西インド諸島で無謀にもスペイン戦艦に攻撃を仕掛け船員の半数以上を失う惨敗を喫した。奇跡的にリベンジ号は逃げ延びナッソーへ逃げこむ事になった。その折黒髭エドワード・サッチと出会いアン女王の復讐号を手に入れるまでリベンジ号の指揮権を譲り渡す。その後黒髭が薬を手に入れるためイギリス軍艦を攻撃した時、マリアナ島で兵士たちと戦闘になっていたところをエドワード・ケンウェイに救われる。

1718年 黒髭に追い出されたボネットは海賊として十分な自身を得て独立を果たす。

数カ月後 ノースカロライナ州フィアー岬沖でイギリス軍艦を攻撃して捕らえられた。裁判中は彼の誠実な人柄を訴える証言者が数多く居たが、1度の脱獄失敗を経て1718年12月絞首刑に処される。首に縄がかけられた時ボネットは泣き崩れ命乞いをして観衆の涙を誘った。

その後、エドワード・ケンウェイはボネットが残した宝をセントルシア島で発見する。

Personality編集

Stede Bonnet was a jolly and gracious man, shown especially by his great respect for Edward Kenway, who saved his life, and his ability to see a silver lining to any situation. However, this came paired with naivety, as Bonnet clearly did not understand the potential dangers he could have faced while traveling with Edward, nor for the consequences of piracy, passing it off for grand adventure.

While sailing under Thatch, Bonnet showed more courage than earlier, being toughened up by living with the incredibly terrifying Blackbeard. Of course, when Thatch was demonstrating to Edward what it meant to instill fear in men, Bonnet still cowered weakly when Thatch used him as an example.

Despite this, Stede left Blackbeard's crew in good spirits, even commenting to Kenway the great impact that the man had on his self-esteem and confidence, as his last words to Kenway involved Bonnet thanking him for his help.

Gallery編集

Reference編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki