FANDOM


作品アイコン-AC3.png作品アイコン-Templars.png

30pxウィキペディアのロゴ.png


PL MasterHQ.png エツィオ、やあ!今日は何の用で?

この記事では、改訂が切望されています。基準達成するためにスタイルのマニュアルに従って改善してください。

"And so we must fight on. We will vanquish our enemies. We will spread our word. And in time, my brothers and sisters, in time we will have our New World."
―Charles Lee.[src]

チャールズ・リー(Charles Lee) (1732 – 1782)はテンプル騎士であり、フレンチ・インディアン戦争を戦ったベテランの英国軍人だった。 彼は騎士団に入りヘイザム・ケンウェイの副官になった後、アメリカ独立戦争に大陸軍将官として参戦した。

リーは政治的ライバルジョージ・ワシントンから愛国派のリーダーの地位を奪い、革命で生まれた新たな国を騎士団に差し出すことを至上目的としていた。

1781年 ヘイザムの死から騎士団総長の地位に着いた。 1782年 ヘイザムの息子でアサシンコナー・ケンウェイに暗殺される。

生涯編集

若年期編集

"Master Birch said I should know only as much as you saw fit to share. He sent me a list of names and bade me ensure you could find them."
―Charles Lee.[src]

チャールズ・リーは名の通った英国軍大佐ジョン・リーと英国保守党政治家の娘イザベラ・バンベリーの間に生まれる。父の名声と励ましによりリーは若くから軍人としてのキャリアを積んでいった。スイスの陸軍士官学校へ言った後の1746年父親の連隊に少尉として参加した。それから5年後の1751年イングランドに戻り中尉へと昇進した。

1754年 エドワード・ブラドック将軍の下でフレンチ・インディアン戦争を戦うためイギリスの植民地アメリカへと送られる。あるときリーはブラドックがメンバーだったテンプル騎士団の協力者になり、正式な騎士になることを熱望した。それに答えたイギリスの騎士団リーダーレジナルド・バーチはヘイザム・ケンウェイを支援するようにとの命令を与えた。

テンプル騎士となる編集

"If I am to serve the Order I can imagine no better mentor than yourself."
―Lee to Haytham.[src]
リーヘイザムに会う.png

リーヘイザムに会う

ヘイザムがボストンへ到着するとリーは桟橋で出迎え、グリーンドラゴン亭へ案内した。そこには仲間の騎士ウィリアム・ジョンソンが待っていた。

ジョンソンと短い挨拶を交わした後、りーとヘイザムはトマス・ヒッキーに会おうとした。ヒッキーはジョンソンの盗まれた研究成果を取り返すため、盗賊団を偵察していた。三人は盗賊団を襲撃して目的を達成した。

まもなく、リーとヘイザムはサイラス・サッチャーによって英国軍事務所に監禁されているベンジャミン・チャーチを探しはじめた。チャーチの家を捜索し警備員や目撃者の会話を盗聴してヘイザムとリーはチャーチは桟橋の倉庫にいることをを突き止めた。ヘイザムは倉庫の番兵から鍵をスリ取り拷問されていたチャーチを救い出しグリーンドラゴン亭へ連れ帰った。

その後、リーとヘイザムは最後仲間ジョン・ピトケアンを連れてくるためにブラドック将軍のもとへ向かった。ブラドックはテンプル騎士であるにもかかわらず、すでにリーを渡しているさらにピトケアンまで渡さなければいけないのかと拒否した。二人はピトケアンを仲間に引き入れるためブラドックの側近を待ち伏せして尾行した。短い戦闘の後ピトケアンは彼らの仲間に加わった。

グリーンドラゴン亭にすべてのメンバーが揃うと、ヘイザムはサウスゲート砦に潜入しサイラス・サッチャーを殺し奴隷にされているモホーク族を解放する計画を話した。それにより信頼と協力を得て先駆者達の遺跡の場所を教えてもらえるとヘイザム計画していた。

赤服に変装するリーとテンプル騎士.png

赤服に変装するリーとテンプル騎士

原住民を移送する馬車を待ち伏せた後、リー達は[英国軍|[英国兵]]に変装して馬車を率いて砦に向かった。砦に入るとリー達は警備兵に紛れ気を引いている間にヘイザムは秘密裏に奴隷たちを解放した。しかし、サイラスが奴隷が逃げたのを知ると警報を発した。リー達は戦ってヘイザムとチャーチが奴隷商人サイラスを殺すまで敵の気をそらし、残りの奴隷を解放した。

数週間後、ヘイザムは遺跡を探しだすためモホーク族の女性ガジージーオに接触することを決めた。リーはヘイザムにレキシントン近くで見つけたと教えそこへ案内した。しかしリーは捜索を始めてすぐブラドック将軍の下で任務に戻らなければいけないと説明した。

数カ月後の1755年 リーはブラドック将軍を殺害するヘイザムの計画に協力するためレキシントンへ戻った。リーはブラドック遠征隊に参加しブラドックを攻撃した。その混乱に乗じヘイザムはブラドックを暗殺することができた。

リー騎士になる.png

リー騎士になる

数日後 戻ってきたヘイザムは先駆者達の遺跡は何もないただの飾りつけただけの洞窟だと教えた。そして植民地にテンプル騎士団の基盤を築く事に目的を変更した。ヘイザムはリーの献身と忠誠心を賞賛し、正式に騎士に迎え入れテンプル騎士団の指輪を指にはめた。

フレンチ・インディアン戦争編集

"You are nothing. A speck of dust. You and all your ilk. Living in the dirt like animals, oblivious to the true ways of the world."
―Lee to Ratonhnhaké:ton.[src]

騎士になった後リーは英国軍人としてフレンチ・インディアン戦争を戦った。(タイコンデロガの戦い、ナイアガラ砦戦い、イギリスのモントリオール遠征に参加)

ラドンハゲードンの首を絞めるリー.png

ラドンハゲードンの首を絞めるリー

1760年 ヘイザムとピトケアン以外のリーとテンプル騎士たちは先駆者達の遺跡を見つけるためモホーク族の土地を探していた。その途中の森でラドンハゲードンに会いその子がヘイザムの息子であることを知らず脅してその場所を聞き出そうとした。少年はそれに答える代わりにリーに名前を聞き追う挑発。リーは少年をあざけって楽しみだと言って殴り倒した。

すぐ後リー達は捜索をやめ引き上げた。まもなくラドンハゲードンの村はフランスへの協力を疑われジョージ・ワシントンと軍隊によって焼かれた。ラドンハゲードンそれをリー達の犯行だと思い込んだ。

1760年 リーはイギリスに戻り少佐に昇格。ポーランド、ポルトガルなどいくつかの戦場で戦った。しかし、その働きに見合った報酬は得られなかった。そのような理由で軍首脳部や政治家を批判するようになった。そして、リーは求めた報酬もえられず、昇進の機会も失ってしまった。

大陸軍に参加編集

ボストンの虐殺を煽動するリー.png

ボストンの虐殺を煽動するリー

1770年 リーはアメリカに戻り仲間の騎士たちと合流。 ヘイザムとともに空中に向けて銃を撃ち警戒した番兵たちに抗議に詰めかけるする市民を銃撃させボストンの虐殺を扇動した。

1773年 入植者達はイギリスの支配に一斉に声を上げ始めていた。 入植者達は手始めに、英国の課税方法への抗議としてウィリアム・ジョンソンが所有していた大量のお茶をボストンお港へ投げ捨てるボストン茶会事件を引き起こした。その結果テンプル騎士団はお茶の密輸ができなくなり資金源の一つを断たれた。この事件が英国と植民地の戦争の引き金となる。


ワシントン就任演説でのリー.png

ワシントン就任演説でのリー

1775年 リーは大陸軍に入り英国軍を辞めた。彼はすぐ愛国派の有力な協力者となり、ワシントンと並んで最高指揮官の有力候補となった。しかし、報酬を求めたリーに対してワシントンは報酬を求めなかった。その真摯なワシントンの性格が評価されリーは支持を失った。その結果、大陸議会はワシントンが大陸軍を率いることを決定する。

そしてリーは小将の地位につき、ワシントンの指揮下になった。就任演説に出席したリーはワシントンに軽蔑と批判視線を送った。その時にコナーと会ったが、リーは彼を十年前に自分が暴力を振るった少年だとは思わず、単にサミュエル・アダムズの子飼いだとしか認識しなかった。

ワシントン暗殺計画編集

"Your meddling in the revolution has caused us no small measure of grief. It cannot continue. Our work is too important."
―Lee to Connor.[src]
牢の前でヘイザムに指示を受けるリー 4.png

牢の前でヘイザムに指示を受けるリー

1776年 騎士団はリーを最高指揮官にするためのワシントン暗殺任務をヒッキーに与えた。しかしその計画はアサシンに気づかれヒッキーは偽造と反逆罪で逮捕された。

リーとヘイザムは新刑務所に収監されたヒッキーを檻から出した後、叱責してベンジャミン・トールマッジのせいですぐに釈放できない事を伝えた。リーはヒッキーの檻の隣にアサシンコナーがいるとわかると新しい計画を立てた。

コナーが看守長の鍵を盗みだしヒッキーを殺しに行くと、看守長の死体があるだけだった。そこでコナーは待ち伏せしていたリーとヒッキーに銃口を突きつけられた。この時彼らからコナーはワシントン暗殺計画と看守長の殺害の罪で処刑されることになると聞いた。


コナーを絞め落とすリー.png

コナーを絞め落とすリー

リーはワシントンの従軍経験の少なさや、リーダーとしての資質の欠如などを中傷しテンプル騎士団の行動の正当性を主張した。コナーはリーを攻撃したが簡単に制圧された。その時にリーは森で会った自分を追うと言っていた少年がコナーであると思いだした。そしてリーはコナーを絞め落とした。

リーの計画はコナーをはめ処刑させて、それに立ちうワシントンを暗殺する機会をヒッキーに与えることだった。翌日、リーやヘイザムの狙い通りコナーは裁判を省かれて公開処刑にかけられた。

コナーの絞首刑、リーの演説.png

コナーの絞首刑、リーの演説

ヒッキーは絞首台までコナーに付き添った。絞首台ではリーが大衆の前でワシントンと植民地にたいする罪を発表し、コナーは刑に処された。しかし、コナーはアキレス・ダベンポートとアサシンの仲間たちや、ヘイザムの介入によって救出された。ワシントンを殺そうとしているヒッキーをコナーは追って暗殺し、無実を証明した。

リーはワシントンのもとで時間をかけ彼の権威を失墜させるため働いた。ワシントンは愛国派ためにニューヨークを守備する作戦に失敗。英国軍に奪還された街からの撤退を命じた。

しかし、リーは故意に撤退を遅らせて英国軍に捕らえられた。収監されたリーではあったが、すでに英国軍を辞めていたため脱走兵とし裁かれず、将官待遇で上等な部屋にワインや食事と手厚くもてなされた。リーはこの機会を利用してワシントンの力を弱め罷免させるため英国軍に大陸軍の情報を伝えた。

モンマスの戦い編集

"I will say it one last time – that man is your enemy and he will not stop until you are dead or dishonored."
―Connor's warning to Washington regarding Charles Lee.[src]

釈放されたリーは大陸議会で大陸軍は英国軍と戦うには非力であると主張した。それにもかかわらず、ワシントンは1778年ニューヨークからフィラデルフィアに侵攻する英国軍を止めるためヴァレーフォージに軍隊を配備した。時期を同じくしてワシントンは英国軍に協力している疑いがあると、コナーの生まれ故郷であるモホーク族の村を攻撃するように命じた。

リーはモホーク族に会いその命令を利用した。リーはガネンドゴンほか部族の人たちに会い土地を守るため大陸軍と戦うようにと持ちかけた。リーはガネンドゴンを騙しコナーはワシントンと協力して村を裏切ったと信じこませた。

その後リーはモンマスラファイエット侯爵率いる非常対応部隊に撤退を命じ、進軍する英国軍になんの対応もせずそのままどこかに去っていった。しかしそこに来たコナーの指揮で英国軍を足止めし愛国派の退却の時間を稼ぎ、ワシントンと大陸軍を壊滅的な被害から救った。

リーの行動をコナーとラファイエットは明確な裏切り行為だとワシントンにつげた。これを受けてワシントンはリーの調査をして反抗的な振る舞いと不適切な命令から軍法会議にかけることを決める。その結果リーは罷免こそ免れたが、一時停職となる。

総長となる編集

"He will wait. He will watch. And then – when he's seen all his life's work brought to ruin... Only then will I allow him to die."
―Lee to his guard regarding Connor.[src]

1781年 リーとヘイザムはテンプル騎士団の支配下にあったニューヨークの軍事地区にあるジョージ砦でコナーの暗殺から逃れていた。ヘイザムはリーを訪ねて、危険は及ばない事を保証して砦を出るように言った。その時にヘイザムは護符を渡した。

その後すぐ、コナーはフランスの軍艦の陽動に助けられ軍事地区に潜入した。コナーの襲撃を予想していたヘイザムは息子を殺すために砦に残った。しかし二人の戦いはコナーが勝ちヘイザムは暗殺された。


コナーを脅すリー.png

コナーを脅すリー

数カ月後の1782年 リーはヘイザムの葬儀を取り仕切り、彼に賞賛と経緯を表した。その時コナーが群衆の中から現れリーに接近してきたが、番兵に取り押さえられた。リーはコナーの計画への絶えまない干渉と仲間の殺害に怒り復讐でコナーを殺すだけではなく、コナーが愛するものや守りたかったもの全てを殺し破壊すると脅した。

コナーはその脅しをはねのけ、残りの計画もすべて失敗してリーは死ぬことになると宣言した。リーはコナーが番兵に連れ去られた後、軍備を整え権力を回復することに決めた。その目的のためジャージー号の船長と多くの傭兵をリクルートした。ボストンを出発した後でリーはコナーが逃げ出したと知り、安全のためイギリスに帰国することにした。

編集

"Why do you persist...? You put us down. We rise again. You end one plot – we forge another. You try so hard... But it always ends the same. Those who know you think you mad and this is why... Even those men you sought to save have turned their backs on you. Yet you fight. You resist. Why?"
―Lee to Connor.[src]

コナーはボストンの埠頭でリーを発見造船所を通って追いかけた。リーは事故で炎上する船の中を通りぬけコナーをまこうとした。そしてコナーが追いつきリーに飛びかかると床が抜け二人は落下し、コナーの腹部には木片が突き刺さった。

リーは倒れているコナーを見下ろし、なぜアサシンはテンプル騎士団に終わりのない無駄な戦いを挑むのかと聞いた。油断していたリーの腹をコナーはピストルで撃った。

リーを殺すコナー.png

リーを殺すコナー

負傷しながらもリーは船に乗りチャールズ川を上りモンマスのコネストガーホテルで休んだ。コナーは追いつき捕まえたが、どちらも戦える状態ではなかった。リーは飲んでいた酒を黙ってコナーにわたすとコナーは受け取った。リーは死を迎え入れコナーに軽く会釈をすると、コナーはリーの胸を突き刺した。コナーがリーの首にかかった護符をむしりとった後、リーはテーブルに倒れ込み死んだ。

性格編集

リーはフレンチ・インディアン戦争からアメリカ独立戦争まで戦ったベテランの軍人であった。青年時代はひたむきで情熱的で鋭い性格だった。ウィリアム・ジョンソンによると「もう少し真面目なら良い若者だ」

騎士団の副官になることでその全てが変わった。仲間の騎士とは異なり決して立派で尊敬できる性格ではなく、代わりに衝動的で凶暴で力に溺れた人間に変わった。

より大きな力を得るため彼は冷酷で無慈悲で執念深くなった。これは高い報酬と地位を求めたことで明確となった。更にその傲慢さは暴力と侮蔑にも現れていた。 例えばモホーク族に嫌悪感を抱き、汚らわしいと言った。ワシントンを激怒しながら中傷した。

長い軍歴と戦果にかかわらずリーは愛国派に人気が無かった。これは議会が貪欲で下品でだらしないと評していた事ではっきりしている。そしてリーは絶えずワシントンを蹴落とし最高指揮官になる事を考えていた。 しかし、ヘイザムはリーの能力と忠誠心、騎士団の掲げる理想新世界秩序の理解を高く評価していた。

Trivia編集

  • The initial render of Charles Lee prior to the game's release showed him as an older-looking character.
  • Charles Lee was the first major assassination target to die without any last words, neither in the Animus' memory corridor, nor at the moment of his death.
  • During the infiltration on Southgate Fort, Charles Lee was marked by the Animus' HUD with an Assassin insignia, despite his membership in the Templar Order.
  • Among the Kanien'kehá:ka, Charles Lee was known as Ounewaterika, meaning "Boiling Water".
  • In the Davenport Manor's basement, Ratonhnhaké:ton's memento from killing Lee was the Grand Temple Key, despite the fact that after Lee's death, the key was buried in Connor Davenport's grave.
  • Historically, Lee was only discharged from the Continental Army years after his retreat: On January 10, 1780, he was formally discharged and spent his remaining years reportedly verbally attacking Washington to anybody around, and as a result, was frequently challenged to duels by those loyal to Washington. In a duel with Colonel John Laurens, Lee was heavily wounded in his side, but he continued to duel. Charles eventually retired to Philadelphia, Pennsylvania, where he died of fever on October 2, 1782.

Gallery編集

Reference編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki