Fandom

ASSASSIN'S CREED Wiki

データベース:アルタイル・イブン・ラハド

608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
ACRDB-Altaïr.png

現代のアサシン のありようを永遠に定義づけた人間を一人選ぶなら、このアルタイル・イブン・ラハド ということになるだろう。1165年に聖地で生まれた彼は両親をほとんど知らず、教団に属するのも彼自身が選んだ道ではなかった。それでもアルタイルは熱心に訓練に励み、十代のうちに優秀な戦士へと成長を遂げていた

1189年、第3回十字軍 が本格的な盛り上がりを見せていたころ、アルタイルはほとんど独力でマシャフ へ押し寄せる十字軍の部隊を一掃し、彼の厳格なアル・ムアリム さえも驚愕させることになった。この出来事を境に、アルタイルの名はすべてのアサシンの間で知られるようになった。続く2年間で、彼は頑固だが比類なき戦士であるとの評価を勝ち得、その輝かしさは彼の謎に満ちた私生活を覆い隠すほどだった

彼を好く者は少数だったが、多くの者が彼に畏敬の念を抱いていた。アルタイルの非の打ちどころのない技は、彼に大きな成功を収めさせたが、それはまた彼の傲慢さを一層助長させることにもなった。だがアルタイルのすごさはこれだけではない。若い時分から、彼は敵や味方の感情や意図を読み取る特殊な第六感を備えていたのだ。仲間のアサシンたちが「タカの眼 」と名づけたこの特殊能力を、アルタイルは人知れず磨き、完成させた。だが彼の心には、この能力が自分を皆から遠ざけ、やがて危険に導くのではないかという疑念が常にあった

アルタイルの5つのマシャフの鍵 に保存された記憶のおかげで、我々はこの人物の人となりを詳しく知ることができる。テンプル騎士団のアニムス1.28アヴァター投射システム(はっきり言って、マシャフの鍵と比べれば原始的だが)でもそれに近いことはできるが、鮮明さは比べ物にならないほどだ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki