FANDOM


ACR OdaiDunqas.png

センナール・スルタン国初代スルタンの遠い親戚にあたるオダイ・ドゥンカス は、「天の思し召し」という言葉を口にする支配者に対し、深い憎しみを抱いていた

1505年、自分自身の一族によって東アフリカ を追われた彼は、北のアレクサンドリア を目指した。やがて彼は、テンプル騎士団 のきわめて現実的な教義、すなわち「平和は強権的秩序と安定を通じてもたらされる」、に出会い、感銘を受けることになる。「真実の守護者」を自称してテンプル騎士団に加わった彼が目指したのは、この教義を現実のものにすることだった 

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki