FANDOM


憲法友の会(メンバーが集った修道院の名前からジャコバン・クラブとも)は革命期の大半において、フランスで最有力の政治クラブの一つであった。全盛期には7000超の支部を有し、50万近い会員が所属していたと推測される。初期のクラブはブルターニュの代議士の集まりに過ぎなかったが、一般市民や外国籍の者など、身分を問わず誰でも受け入れることで急速に勢力を拡大した*


--

*かなり限定的な集まりに聞こえるが


後に急進派と評されたジャコバン・クラブだが、共和国成立前まで、少なくとも名目上は君主制を支持していた。だが1791年6月に、穏健主義よりの代議士の多くが脱退してフイヤン・クラブを立ち上げたことで急進化した**

--

**どんなクラブでも、何よりまず発音できる名前でなくてはと思っている

フイヤンとか言いにくい

フイユにすればよかったのに

--

王室が失意した後、クラブの中でロベスピエールが台頭し、彼とパリの民衆の支持を得て、ジャコバン派が政府を事実上掌握した*

--

*民衆というのは時に、こうも説得力のある議論をするものだと気付かされる

--

ジャコバン派は恐怖政治に手を染め、国民公会や共和国の敵とみなされた者達に、幾度と無く粛清を断行した。ジャコバン派は、ロベスピエールの過ぎたる横暴によって彼地震が逮捕され、反逆罪で処刑されるまでの約1年にわたり権威を振るった。指導者を失ったジャコバン・クラブは、1794年11月に閉鎖、非合法化された

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki