FANDOM


Zw-giulianodemedici

・誕生年:1453
・肩書き:貴族

ロレンツォに遊び人と評されたジュリアーノ・デ・メディチは、馬上槍試合とハンサムな顔立ち、そして隠し子で世間の注目を集めた。

ジュリアーノが「パッツィ家の陰謀」で命を落とした後は、息子のジュリオは嫡子として扱われることになった。これは当時の教会法に不備があり、内縁関係でも正式な婚姻と認められたからだ。つまり、たとえ誰にも告げていなくても、子供を認知したと見なされる可能性があったわけだ。だから恋人がカソリック教徒なら気をつけたほうがいい。とんでもない目にあわされるかもしれないぞ。

とはいえ、こうしてしがない行商人のが生んだジュリオは晴れてメディチ家の仲間入りを果たし、やがて教皇クレメンス7世になる。

1527年の「ローマ略奪」のときに教皇の座についていたのがこのクレメンス7世で、彼はサンタンジェロ城に幽閉された。だが、彼は城から逃げ出した…行商人に変装してね。

行商人の娘から生まれた男が教皇にまで上りつめ、最後にまた行商人に戻るとは。皮肉なもんだ。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki