FANDOM


ジロンド派(別名ジロンダン、またブリッソー派とも呼ばれる)は、革命期のフランスに存在した政治派閥。この一派は大概、ダントンやロベスピエール、マラーなどの山岳波に対立する一派として描かれている


当時の政治派閥は近代以降の政党ほどには政治信条の相違が明白なものではなかったが、この二つの派閥については主要政策への意見を異にしていた。ジロンド派は対外戦争や、当時成立したばかりの合衆国式の連邦政府の樹立を支持していた。一方の山岳派は戦争には反対で、政治はパリ主導で行われるべきだと考えていた


当時はジロンド派が政治の中枢にあったが、数々の失策により支持を失い、山岳派のたいとうを招いた

既にこの時、ロベスピエールは政敵が陰謀を仕掛けていると考えに取り憑かれていた。6月1日から2日にかけて、ジロンド派の面々は自宅監禁の処分が下され*、数週間後にその身柄は監獄へと移された。1793年10月、ジロンド派23明は反逆罪により処刑された**

--

*こう言えば聞こえはいい--だが実際は、アンリオが大砲を国民公会へと運び込み、議員がジロンド派を排除しなければ発泡すると脅したのが事実である
**(皮肉モードON)さぞ公明正大な裁判を受けたことだろう、うん(皮肉モードOFF)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki