FANDOM


SofiaSartorDatabaseImage.png

ソフィア・サルトル 。実に素晴らしい女性だと思わないか? 多数の言語を使いこなし、東西の文化に明るく、聡明で年齢以上に落ち着いている。彼女は1476年前後にコンスタンティノープル に生まれ、ヴェネツィアとトルコの戦争 が始まるまで家族と一緒にそこで暮らしていたということがわかっている。戦争は1499年に起き、オスマン帝国 に住んでいたヴェネツィア人 にとっては受難の年だった。ソフィアの両親は彼女を連れてヴェネツィアに帰ったが、彼女は生まれた街のことが忘れられなかった。つまりどういうことかと言うと、ソフィアを街から連れ出すことはできるが、世界最大の都市コンスタンティノープルの魅力をどうにかすることなんてできはしない。まあそんなところだ

それと彼女の肖像画だが、あれは何日ながめていても飽きないね。描いたのは有名なドイツ の画家、アルブレヒト・デューラー 。彼女の体温まで伝わってくるかのような大傑作だ。ソフィアの父親は法外な大金を払って娘の肖像画を描いてもらおうとしたが、モデルをじかに見たデューラーは、いっさいの謝礼を辞退した。彼女を描けるという名誉自体があらゆる報酬を上回るというわけだ。なるほど。そんな風に謝礼を断るとは、大家と呼ばれるだけのことはある

ソフィアは様々なことに関心を抱いているが、最も情熱を注いだのは文学だ。半世紀前に発明された印刷機によって、史上初めて本が安価に供給されるようになり、誰でも手に入れられる物になったからだ。

ソフィアは本が持つ啓蒙的な力を愛し、その素晴らしさを世の人々に広めることを生涯の仕事と思い定めていたんだ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki