FANDOM


Obelisk of Theodosius

この記念碑は、もともとはエジプト のファラオ、トトメス3世の命令で作られ、カルナック神殿の外の目立つ場所に立てられていた。巨大な赤御影石から切り出されたこの記念碑の4面には、ファラオたちの武勲の数々がヒエログリフを使って刻まれている

西暦357年、この記念碑は厚顔無恥なローマ皇帝コンスタンティヌス2世によって奪われ、彼の即位20周年を記念するためにアレクサンドリアへ運ばれる。そしてそれからさらに40年後、今度はテオドシウス帝によってコンスタンティノープル競馬場 に運ばれ、このオベリスクを立てるために特別にあつらえられた、見事な装飾を施された基部に据えつけられ、現在にいたるというわけだ 

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki