FANDOM


Harbor of Julian

コンスタンティノープル の半島の南端に位置する、マルマラ海に面した小さな港だ。小さくはあるが、ユリアヌス港 のすぐ東には競馬場 や今はなきビザンツ 帝国の大宮殿があったため、ビザンツ帝国初期には皇族がコンスタンティノープルに入る場所としてうってつけだった

オスマン 帝国の時代になり、半島の北端にグランドバザール ができると、商人 たちが品物を運び込むには北の港のほうが便利だということになった。加えてスルタンが第一丘陵にあるトプカプ宮 に移ったので、ユリアヌス港の重要性は下がってしまった

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki