FANDOM


ラ・ローザ・デラ・ヴィルトゥすなわち「純潔のバラ」は性と宗教が行きかう街角にあり、店の女はすべて元修道女だった。教皇はたびたびヴェネツィア議会にこの娼館を閉鎖するよう要請したが、結局、1516年の火事で全焼するまで営業を続けていた。

教会側はこの火事を天罰だと主張したが、代金を踏み倒そうとした司教が腹いせに放火したことを裁判官は見抜いた。まさに神の目はごまかせない、だ!

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki