FANDOM


レベッカ C84: このランドマークには、ショーンが言ってた妙なシンボルがあるわ。探してみて!

フィレンツェの商業の中心地であるヴェッキオ市場は、市民のあらゆる要望にこたえた。14世紀のフィレンツェの詩人アントニオ・プッチが記したように、「病人を求めて住みつく医者、亜麻布やその原料を売る商人、豚肉売り、薬屋まで」なんでもあった。

この市場はもともと古代ローマの時代に公共の広場として作られたもので、市場として記録に現れるようになったのは1030年からだ。地方から仕入れた穀物などの主要食品が最もよく売れた。羊毛も人気があったようだ。

普通の買い物に飽きた客を喜ばせるため、「屋台通りから少し離れた所に、あの独特の匂いを漂わせる快楽の館もあった」、と15世紀の詩人イル・パノルミータは記している。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki