Fandom

ASSASSIN'S CREED Wiki

データベース:修復されたデータNo023

608このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

DDS 遺伝子記憶 エクスポート

題名:ジョヴァンニ・ボルジア 2/7

時代:1503年

場所:ローマ、イタリア

---

教団の指示で、子供の世話をすることになった。

長い間我々に尽くしている家族の息子だが、まだ幼い子供だ。自分が同じ年頃に教えこまれた教団の教えを、彼にも教えることにする


やせた男の子で骨格が細く、年の割に背が高い。

最初は苦労するだろうが、やがて訓練に適した体に変わっていくだろう


フランチェスコは熱心で、徹底主義だ。絶えず質問してきて、見せてやった手本を繰り返すよう、頼んでくる。結果に満足しない限り、先に進もうとしない。時折、彼の完璧主義が不快に思えることもある


フランチェスコは怒りっぽい、訳もなくこちらを責め、剣を向けてくる。軽く剣を叩いて、彼の無謀な攻撃など敵ではないことを示す。平静を保てと助言する。戦闘では、感情は弱点になる。


素早く突き返し、フランチェスコの剣を手から叩き落とす。彼は攻撃を受け損ね、肩から倒れて負傷する。剣を拾ってやり、もう一度、と指示をし、正しい武器の持ち方を説明する。


子供は子供らしいのが一番だ。近くにある村の子供たちのところへフランチェスコを連れていく。

子供たちは一緒に更新を始め、フランチェスコが先頭に立つ。おもちゃの鎧を装備したフランチェスコを褒めてやる!


きっとフランチェスコは、教団の役に立つ存在になる。体の成長は足りないが、強い男の子だ。

彼と話していると、大人と話しているような気分になる。年の割に賢い子だ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki