FANDOM


DDS 遺伝子記憶 エクスポート

題名:キース・シピオーネ

時代:1944年

場所:ミラノ、イタリア

---

ひどい話だ!

何かボスを怒らせるようなことをしたってのか?

見方から爆弾を落とされる戦場で、あてもなく探しものをしている。


何のために?そもそも、本当にあるのか?

そうだ・・・もう20年も捜索が続いてるというのに。

実在するとは到底思えない。


地元に人間を装っているが、警戒は怠らない。

カバンいっぱいの金は、まるで足かせをつけられている気分にさせる。ここに人間は、苦しんでいる。金があると知ったら、迷いなく襲いかかってくるはずだ


例のレストランはどこだ。まだあるといいが。

バッグティアーニの1人と合うことになっている。

座り込むことと考えこむことの重要性を、一日中座り込んであれこれ考えるような、芸術家気取りの連中だ


店は無人に見えたが、ドアには鍵がかかっていない。中に入ると待ち合わせの相手がいる。落ち着かない様子だ。無理もない。こっちは拳銃を構えている。甘く見られちゃ困る


男は何か言う代わりに、椅子の上にある木箱を指す。大したものに見えない。銃は構えたまま、隣のテーブルにカバンを置く

箱のフタを開け、中をじっと見る


たたんだ何かが入っている。カビの臭がする。

それに、ひどく汚れている。こいつの洗濯物かなんかじゃないのか


不安になりつつ箱に近づく。鍵束につけていた会社のロゴが揺れる。男の方をちらりと見ると、そいつはうなずく。少し待つ・・・ただの、近くの爆弾の音だろう。止まらない。何てことだ。信じられない・・・

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki