FANDOM


Great Nymphaeum Database image


彫刻によって飾られた噴水を中心に据えた大ニンファエウム は、ローマ 帝国初期に異教の精霊であるニンフたちを祀るために築かれた公共の聖所だ。ニンファエウムはローマ帝国の都市に多く見られた施設で、小規模な貯水池兼庭園であると同時に、結婚式、祝宴、集会などが催される公共の場でもあった

時代が下ると、「ニンファエウム」という言葉には娼館 や売春宿といった意味も加わった。言葉は絶えず進化しつづけるものだが、夏のコンスタンティノープル では勘違いが原因で様々な悲喜劇が生まれたことだろう

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki