FANDOM


Eraicon-AC4.png

ミリアム・クルツ(Miriam Kurtz) (不明 - 1976年)は第二次世界大戦中のドイツで生活しエーデルヴァイス海賊団に所属していた。

彼女と他のエーデルヴァイス海賊団メンバーは1944年にナチスによってケルンで囚えられ、徹底的な尋問を受けた。しかし、ミリアムはそれに抵抗し続けた。

指導者バルテルは聖ペトルス大聖堂の尖塔に隠された<秘宝>をフランスのパリに居るアサシンに届けるように頼んだ。

彼女はカールの母親でシェイマスの祖母である。 1980年 彼女の遺伝子記憶は孫シェイマスのサンプルを使用したアブスターゴ代用計画の発案者アイリーン・ボックによって引き出された。

出展編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki