FANDOM


Eraicon-AC3.png

30pxウィキペディアのロゴ.png


バンカーヒルの戦い

ウェストポイントの戦い

モンマスの戦い
戦争

アメリカ独立戦争

年月日

1778年6月28日

場所

ニュージャージーモンマス群コートハウス

結果
交戦勢力

US flag 13 stars – Betsy Ross.png 植民地連合

Kingdom of Britain - Union Jack Old.svg イギリス

指揮官
兵力

11 000

14 000+

死傷者

360-500人の死傷者、捕虜

死者65-305
負傷者170-770
捕虜60

モンマスの戦い(Battle of Monmouth) はアメリカ独立戦争中に大陸軍と英国陸軍の間でフロンティアモンマスで起こった戦闘である。 戦闘の起きた1778年6月28日は非常に暑い日であったと知られ、 両軍兵士に熱中症により倒れるものが続出した。

前兆編集

司令官ジョージ・ワシントンバレーフォージから打って出る。この決定に部下のチャールズ・リーは統率力のなさを激しく避難した。 アサシンコナー・ケンウェイテンプル騎士ベンジャミン・チャーチによって横流しされていた物資を取り戻しワシントンの力になるため奔走していた。

ヘイザム・ケンウェイとコナーはイギリスの計画を調べるため不安定な同盟関係にあった。彼らは英国軍指揮官を待ち伏せして英国軍がニューヨークから出発したことを知る。それを聞いたワシントンは英国軍と交戦するため進軍することを決めた。しかし、ヘイザムがワシントンから発せられたイギリス軍に協力している疑いがあるモホーク族の土地の攻撃命令を発見すると、コナーとワシントンの関係は悪化した。激怒したコナーは攻撃を止めるためワシントンが放った伝令を追った。

戦闘編集

モンマスに到着したコナーは戦況を確認するためラファイエットと話し合った。最初の指揮官だったチャールズ・リーはワシントンの評価を貶めて自ら大陸軍最高指揮官になるため意図的に軍を混乱させて一人離脱した。勝利を確信していたラファイエットは残された部隊を指揮するためそこに残った。しかし、英国軍は多さに驚き退却を命じた

ACIII-BattleofMonmouth 2.png

Connor commanding the defenders

コナー何人かの兵士と大砲を指揮し撤退支援を行った。この行為により英国軍の進軍を遅らせ大陸軍の立て直しの時間を稼いだ。 モンマスを通り抜け退却するコナーはその途中で英国軍に処刑されそうな囚人を助けだし、大陸軍の前線に生存者を集結させた。

大陸軍は英国軍を寄せ付けず、未熟な大陸軍が練度や経験で上回る英国軍の攻撃を耐えられると証明した。

Aftermath編集

ACIII-BattleofMonmouth 4.png

Connor speaking with Washington and Lafayette

戦いの後コナーはリーの裏切りについてワシントンに話すが当初は信じようとしなかった。ラファイエットの証言によりワシントンは信用した。ワシントンはリーに公正に対応しなければ英国人と同じだと言い軍法会議にかけられる手配をした。この決定にコナーは怒りワシントンが処理しないなら自らの手で殺すと宣言した。

Washington's orders to march on Kanatahséton left Ratonhnhaké:ton disheartened by a man who he thought would be an ally to his people. コナーはこの戦いから後はワシントンと係ることを望まなかった。これがワシントンに対する最後の贈り物でせいぜい勝利を楽しめと言い残しその場を去った。

Reference編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki