FANDOM


作品アイコン-AC3作品アイコン-Revelations book作品アイコン-Embers作品アイコン-Assassins作品アイコン-featured

"私の名はエツィオ・アウディトーレ。

若いころ私には自由があったが気づいていなかった、時間も有ったが無駄にしてしまった、愛されてもいた、だが無頓着だった。 30年という長い時間を費やして、私はようやく理解した。
どうか教えてほしい仲間たちを助けるために "

―ユンがエツィオの手紙を読んで。[src]

シャオ・ユン[1] (Shao Jun 1505 - 不詳) は 中国支部アサシン

正徳帝の妾であったが, 皇帝の死後アサシンに救出され、その生涯を教団へ捧げる事に決めた。[2]

正徳帝の死後、テンプル騎士団一派八虎によりアサシンを根絶やしにするため、中国東方で大粛清が行われた。

勢力を失った教団はに潜り西へ逃れることになった。ユンと彼女の師はイタリアの大導師エツィオに知識を貰うためイタリアへ旅立った。

生涯編集

教団に入るまで編集

"導師に助けてもらわなければ、私も後宮に入れられていました。何とか他の娘達も助けようとしたのですが…… "
―ユン・シャオ.[src]
1505年 ユンは中国明朝第11代皇帝の治世、王族の檻の中に生まれた。[2]

正徳帝は幼稚な性格で政治には無関心で有ったことで知られていた。彼女は10代の頃から10年間皇帝に気に入られ妾として、皇帝と様々な場所に旅した。[2]

しかし、1521年4月に正徳帝が死んでからというもの世継ぎが居らず王室は混乱の渦中にあった。その機に乗じ教団は王室に侵入し妾を解放した、ユンはその中の1人である。[2]

彼女は自分を解放した教団に加わり、その生涯を教団へ捧げる事に決めた[2]

教団の衰退編集

救出から数年後、ユンと彼女の師は残された妾の救出を企てたが、嘉靖帝の命令によりそのほとんどが「千刀万剛」という肉を少しずつ削いでいくという拷問の果てに死亡していた。その原因はユン達の脱走にあった。[2][3]

正徳帝の悪い性格だけを受け継いだ嘉靖帝は、自分の邪魔をするアサシンを根絶やしにするため、中国東方で大粛清が行い多くののアサシンが死亡した。
生き残ったは隠れたか、西方に逃れた。 [2]

ユンとその師は中国を脱出し、教団を立て直す術を知っているだろう大導師エツィオを探してイタリアへ向かった。[2]

イタリア編集

ユン: "私は学びたいのです。"
エツィオ: "学とは何を"
ユン: "教団を再建し導く術をです。

"

—ユンがエツィオに助けを求めて[src]
EzioFlaviaJun

ユンとエツィオの出逢い

1524年 ユンとその師はヴェネツィアたどり着く。しかし、そこで嘉靖帝の放った刺客に発見される。ユンの師は彼女を逃がすため刺客と戦うが命を落とした。[2]

その後、トスカーナにあるエツィオのヴィラへとたどり着いた。

そこでエツィオの娘フラビアと話していたところ、敵だと誤解したエツィオが掴み掛かってきたが、彼女の身につけていたアサシンの紋章のネックレスを見て彼はその手を放した。[3]

その夜、エツィオとその妻ソフィアと話し教団を立て直す術をたずねるが、アサシンから身を引いていたエツィオは再び教団と関わることを嫌い彼女に出て行く様に言った。

しかし、ソフィアはユンがエツィオを探すため長い旅をしてきた事を知り、彼女を家へと迎え入れた。

ユンとエツィオ

ユンの話を聞くエツィオ

翌日、ユンは偶然エツィオの書斎の机の上で、彼が残した何枚かの手紙を見た。

しかし、彼女を見つけたエツィオは怒り彼女を追い出し、エツィオはイタリアから去るように求める。

その時、エツィオの手紙の一部を読みあげるユンを見て、彼女の欲しているものは彼のようにアサシンを理解する事だと知った。

エツィオは彼女を助ける事を拒絶していた理由を語り、ブドウの収穫の後彼女をフィレンツェにさそった。[3]

そこで、エツィオが商売をしている間彼女は群衆を監視していた。
シニョリーア広場でエツィオとユン

エツィオとユン、フィレンツェで

 その後、 シニョリーア広場で彼女に1476年家族がそこで処刑されたこと、それかのエツィオはアサシンの生き方を説いた。苦しみを通して苦しみを終わらせるためにと。.[3]

その会話の後、ユンとエツィオはフィレンツェを出発する準備を進めた。その時、裏通りで刺客の1人に襲われる。

ユンはそれを殺し、急いでエツィオと共に街を離れた。[3]

 エツィオのヴィラへ向かう途中、彼女はその窮状を訴え、刺客の事を教えた。

エツィオはヴィラが標的になると考え、子ども達とニッコロ・マキャヴェリの家へ逃げるようソフィアに伝える。[3]

その夜、エツィオは ボルジア家 とどんな気持ちでの戦っていたか、そして愛によって恐怖に対抗するためローマコンスタンティノープルの教団を改革した事をユンに語った。

その後でユンはエツィオが見張りをしている間眠りについた。[3]

その直後、ヴィラは刺客に襲われた。

刺客の持っている大砲の攻撃からエツィオはユンを救い、2人のアサシンはその攻撃をしのいだ。

その強力な攻撃から逃れるため外に飛び出したユンとエツィオは力を合わせ最後の刺客をに挑む。[3]

刺客は体当たりでエツィオを木に叩き付け動きを封じたが、なんとか彼の剣で止めを刺しユンは、エツィオが予期しない敵から助けることに成功した。[3]

旅立ち編集

エツィオ: "故国までは遠いのだろう。"
ユン: "長い旅路になるでしょう。お元気で導師。"
―ユンが出発する折に[src]

次の朝、ユンは新たな決意で地平線を見つめていた。

彼女に長い旅になるだろうとエツィオ言うが、その旅路は価値ある物になると彼女は答えた。[3]

エツィオは彼女に万策尽きるまでは空けるなと小さな箱を手渡す。
ユンに小箱を渡すエツィオ

ユンの出発の時、小箱を渡すエツィオ

番兵の馬が見えた瞬間、エツィオはユンに言った。 さぁ、ゆけ。

ユンはエツィオの元を後にした。[3]

遺産編集

エツィオとの出逢いの後、ユンは使用者が敵を絡めとり引き寄せ、木の枝、馬、自分の足など水平ばしょから吊し上げることが可能なるロープダートを開発。

ロープダーツは、海賊の黄金時代エドワード・ケンウェイアメリカ独立戦争の最中コナーによって使用される事になる。[4]

性格編集

"どうか教えて欲しい、仲間達を助けるために。"
―ユンがエツィオに.[src]
ヴィラからの眺め

エツィオのヴィラの屋根に立つユン

ユン・シャオはアサシン教団がどのように機能し、アサシン達はどのように生きてきたかを学びたかった。

彼女がエツィオの書斎に忍び込んだ事が示すように、学びたい事が得られなかった場合は、自分で探し出そうとしていた。

彼女の教団に理解したいという信念は誠実で、エツィオの話しに熱心に耳をかたむけていた。[3]

彼女は外国から様々な文化や社会を学ぶことが大好きだった。[2]

装備と技術編集

ユンの足からナイフ

隠しナイフを使うユン

彼女の主要な武器は中国剣を使用していた。また、アサシンブレードは用いないが 第二の武器として、手甲の下に6本の投げ針を持っていた。さらに彼女の雑伎的な動きと共に右足に装備されている隠しナイフを使用した。



彼広く教団で戦闘訓練を受けた機敏で熟練した戦士であった彼女の戦闘スタイルは素手・剣両方で柔軟性と知識を備えた中国武術を思わせる。

ユンの所有する武器は極端に少ないが、それに適応させた。

公共の目を避けるため彼女は剣を除いた装備を服の下へ隠していた。

トリビア編集

  • エンサイクロ ではユンはフィレンツェでエツィオに会うと書かれていたが、 エンバースではトスカーナでエツィオに出会っている。
  • ユンは留まることを認めてくれたソフィアに「グラツィエ」といっていて、イタリア語の基礎的な知識はあるものと思われる。そして、彼女の言葉はエツィオが理解できる。
  • ユンのネックレスのレプリカは Ubiworkshop にて$24.99 で.買える。 発売からしばらくして バリエーションが加わった。
  • 英語版では、ユンの中の人はフラビア・クラウディアと同じである。

ギャラリー編集

参照編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。