Fandom

ASSASSIN'S CREED Wiki

ラドンハゲードン

607このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント1 シェアする
作品アイコン-AC3.png作品アイコン-Liberation.png作品アイコン-Assassins.png

No image.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。


"In the name of liberty, I will fight the enemy regardless of their allegiance. While men of courage write history of this day, the future of our land depends on those who are truly free."
―コナー・ケンウェイ[src]

ラドンハゲードン(Ratonhnhaké:ton)またはコナー(Connor)は18世紀後半 アメリカ独立戦争期に活躍したネイティブアメリカンのアサシンであり、デズモンド・マイルズの父方の先祖である。[1]

ラドンハゲードンはテンプル騎士ヘイザム・ケンウェイとカニエンケハカ族のガジージーオの間に生まれた。

1760年子供だった彼は聖域を探すチャールズ・リーとテンプル騎士達に襲われた。その後彼の村は焼け母が死ぬのをその目で目撃する。

村の外からの影響を懸念した彼はテンプル騎士団の脅威から村を守るためアサシン教団を探しだす。そこで壊滅した植民地教団のアサシンアキレス・ダベンポートに鍛えられる。教団の立て直しのため ダベンポートホームステッドとアサシンの船アキーラ号を修復資材を買い出しに出たボストンで目立たないようコナーという偽名をアキレスから与えられる。そしてロバート・フォークナーからアキーラ号の船長としての訓練を受けた後、6つ以上の暗殺任務についた。

テンプル騎士を追う最中愛国派中心人物ジョージ・ワシントンと繋がりを持ち本人は無意識のうちにアメリカ独立戦争で重要な役割を果たした。その中で父ヘイザムとの再会を果たしたコナーは父との和解を求めたが、師であるアキレスはアサシン教団とテンプル騎士団の行動理念からくる対立を終わらせようとするのは無駄だと警告し2人は対立する。その結果はヘイザムがリーを守るのを止めなかったため悲劇的なものになった。

コナーの村を焼いたのはリーではなくワシントンだったと知った時大陸軍に幻滅こそしたが、テンプル騎士を根絶するため彼らを支援し続けた。その後もワシントンからベネディクト・アーノルドの調査をしぶしぶ引き受けるが、エデンのリンゴを廃棄するときには関係は元に戻っていた。そのリンゴを廃棄する前、リンゴが作り出した仮想空間に閉じ込められ中ではワシントンがアメリカ合衆国王を名乗り圧政暴虐を尽くしていた。最終的にコナーは仮想空間から脱出しリンゴを廃棄した。

生涯編集

"On this land, I am torn. Part of me wants to fight and repel all outsiders. The other part of me is the outsider."
―Connor reflecting on his parentage.[src]

イギリス人の父とモホーク族の母の間に生まれたラドンハゲードンは、母親の部族のもとで育った。 ヨーロッパの入植者との種族の出会いから、幼児期の間にひどく苦じんでいた。彼の村が入植者に破壊された時その苦しみは頂点に達した。 その事件が、彼を人々のため正義のため、圧政と戦う事を決心させた。[2]結果、彼は1770年にアサシン教団へ加わった。[3] その中でマスターアサシンアキレウスによって鍛えられた。[4] この時点で植民地社会での行動を簡単にするため「コナー」を名乗るようなった。[5]

5年後  アメリカ独立戦争が勃発し、ジョージ・ワシントンベンジャミン・フランクリンの掲げる理想と信念に共感しコナーは指導者たちに味方をすることを決めた。[2]

この時に彼はチャールズ・リーラファイエット,[3]ポール・リビアIsrael Putnamサミュエル・アダムズなどの人物に出会う。[6]

戦争中、コナーは東部海域、カリブ海を航行する軍艦アクイラの船長となった。[7]

性格編集

"[Connor]'s one of those people that has an inbuilt sense of right and wrong... He isn't a grey area kind of guy."
Alex Hutchinson, Creative Director of Assassin's Creed III.
コナーは、強い道徳心とヒロイズムをもつ尊敬すべき戦士だった。彼は思慮深く情熱的で、彼の語らなかったことは彼の行動と同じよに意味があった。[8]

姿勢を低くし、敵の下から敵を狙う彼の攻撃は捕食者に似ている。[2]

「部外者」であるヨーロッパ人からアメリカ・インディアンの遺産と国を守るという強い意志を持っている。しかし、彼はその血筋からそれは解決すべき問題の一部だと知っている。[9]

装備とスキル編集

ファイル:Xl Assassins-Creed-3-Connor-Night-624-1-1-.jpg

コナーは優秀なフリーランナーで次から次へ木に飛び移ることや崖を登るなど自然物を移動することができる。同じように都市の中を走ることができて、障害の下に滑りこむ、飛び越えることができた。[2]

コナーは流れるような動きでいくつもの武器を使い分けた。 トマホーク弓矢ピストルとライフル[2]ロープダーツ[10]そしてアサシンブレード。その器用さから、これらの武器を組み合わせて二刀流にすることもできる。[9]戦闘で優位に立てる重武装であったが、これが原因でフリーランニングで苦労した。[11]

彼は熟練した狩人だった、フロンティアでは暗殺のターゲット同様動物追跡し、罠にかけを狩る[12]

超感覚鷹の目を持っている。[13]

衣装はだいたいの場合青いラインの入った白いフード付きコートと、アサシンの紋章で留めた赤い帯、レギンスと膝上まである茶色のブーツを身につけている。[2]

アクイラによる航海中は青いコートと帽子を身につけている。[7]

トリビア編集

  • 既存のアサシンは鷲との繋がりがあったが、コナーは狼に例えられている。
  • アルタイルやエツィオ同様彼の名前には性格が現れている
    • 「コナー」はゲール語で「狼の恋人」または「猟犬の恋人」
    • 「ケンウェイ」は古い英語で「勇敢な王家の戦士」
    • ラドンハゲードン"Ratonhnhaké:ton"はモホーク族の言葉で「傷のある人生」戦いの中に生きていることを表す。[14]
  • モホーク族の名前は珍しいので、彼らの文化コンサルタントのアドバイスでUBIは「Ratonhnhaké:ton」を商標登録しないと決めた。[15]
  • デズモンドの祖先の一部とは異なり、コナーはアクイラスと同じく、唇には傷跡はない。
  • コナーは最初細身だったが、彼のキャラクターを明確にするため筋肉質な体型になった。
  • ゲームディレクターのスティーブン・マスターズは彼が敵の頭の皮を剥ぐと言ったが、UBIのモホーク語コンサルタントは彼らの先祖にそんな風習はないといったので取りやめになった。.[16]

Gallery編集

References編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki