FANDOM


DYL.png作品アイコン-Secret Crusade.png

30pxウィキペディアのロゴ.png


中国はアジア に存在する世界最大級の国である。

歴史編集

紀元前210年 アサシンウェイ・ユーは槍を用い秦の始皇帝を暗殺した。[1]

1220年 アサシンアルタイル・イブン・ラ・アハドは、彼の妻マリアと息子ダリムとともにモンゴルの指揮官チンギス・ハーンを暗殺するためモンゴル統治下の中国へ赴いた。彼はモンゴルのアサシンクーラン・ガルと協力しチンギス・ハーンの人生を終わらせる計画を立てた。[2]

1227年 アルタイルとクーラン・ガルと共に寧夏の興慶付近でチンギス・ハーンのテントへ侵入、アルタイルはモンゴル兵の攻撃により負傷するもクーラン・ガルに助けられた。そしてチンギス・ハーンが馬に乗って逃げ出すとクーラン・ガルは矢でそれを射落とし、ダリムがとどめを刺した。

Altaïr and Qulan Gal infiltrated Genghis Khan's tent in Xingging, near Xia province, though Altaïr was spotted and wounded by a Mongol soldier. Qulan Gal was able to kill the soldier and bring Altaïr to safety, after which Genghis Khan tried to escape by horse. Qulan Gal shot Khan's horse with an arrow, causing him to fall. Right afterwards, Darim killed Khan with another arrow.[2]

1300年台後半 中国のアサシン達は北京を拠点として方孝孺に率いられていた。

1402年 テンプル騎士団であった永楽帝の支配下、方孝孺を含めて数千もの人間がアサシンの疑いをかけられ粛清された。若き女アサシン リ・トウは粛清で親を殺されたが、エデンのリンゴを持って北京を脱出した[3]

1424年 永楽帝はゴビ砂漠付近の反乱を制圧するために出陣した先で、テントに侵入してきたリ・トウによって暗殺される。[3]

2012年 テンプル騎士団はエデンの果実を衛生に接続して宇宙に上げる計画を立てた。この時アサシンが衛生が所在する可能性のある国の一つとして中国があげられている。[4]

出展編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki