FANDOM


作品アイコン-AC1


任務失敗(Failure) は2012年デズモンド・マイルズ アニムスによって追体験した先祖アルタイル・イブン・ラ・アハド遺伝子記憶である。

内容 編集

ソロモン神殿の事を大導師アル・ムアリムに報告するためマシャフに戻るとラウフが迎えた。村を抜け砦の門に行くとアッバスが居て二人で剣呑な皮肉を言い合った。その後、砦に入った。

会話 編集

アルタイルを迎えるラウフ

アルタイルを迎えるラウフ

ソロモン神殿を脱出しマシャフに戻ると仲間のアサシンラウフに迎えられた。

  • ラウフ: アルタイル! 戻ったのか!
  • アルタイル: ラウフか
  • ラウフ: ケガも無さそうでよかったよほんとう 任務は成功だったんだな?
  • アルタイル: 大導師は塔にいるか?
  • ラウフ: そうそう 相変わらず本の虫だ 君を待っておられるよ
  • アルタイル: ありがとう 兄弟
  • ラウフ: 安全と平和を君に
  • アルタイル: ああ 君もな

砦に行く途中、中門でアッバスに迎えられた。

  • アッバス: ああ ようやく帰って来たな
  • アルタイル: アッバス.
  • アッバス: 他の連中は? まさか一番に帰還して手柄を独り占めにしようって腹じゃないだろうな? 
皮肉を言うアッバス

剣呑な雰囲気

アルタイル did not reply, and a moment of silence followed.

  • アッバス: 返事がないってことは図星らしい
  • アルタイル: くだらないことを言ってるな
  • アッバス: 大導師からの言伝を預かってる、書斎でお待ちかねだぜ ほら さっさとおべんちゃらを言いに行ったらどうだ?
  • アルタイル: 黙らないと首を掻き切るぞ
  • アッバス: それなら後でゆっくりお相手するぜ 兄弟"

アルタイルはアル・ムアリムの書斎に着いた。

  • アル・ムアリム: 帰ったか
  • アルタイル: 大導師
  • アル・ムアリム: こちらへ 首尾はどうであった? テンプル騎士団の秘宝は手に入れたのであろう?
  • アルタイル: 思わぬ事態で ロベールは手勢を従えておりました
  • アル・ムアリム: 思ったとおりになったことなどあるか? あらゆる事態に対応するのが我らアサシンだ
  • アルタイル: 今回は手に余りました
  • アル・ムアリム: どういうことだ?
  • アルタイル: 面目ありません
  • アル・ムアリム: 秘宝は?
  • アルタイル: 失いました
  • アル・ムアリム: ロベールは?
  • アルタイル: 討ち果たせず
  • アル・ムアリム: お前の腕を見込んで、我らにとってかつてないほどの重大なこの任務をお前に任せたというのに なんの収穫もなく 言い訳をしにおめおめ戻ってきたというか!
  • アルタイル: 師よ!
  • アル・ムアリム: 言うな! もうなにも言うな! なんという事だ ただちに別の一隊を編成せねば
  • アルタイル: いえ この次は必ずや私が
  • アル・ムアリム: えい!お前はもういい邪魔をするな! マリクとカダールはどこだ?
  • アルタイル: 死にました
アルタイルに激怒するマリク

アルタイルに激怒するマリク

その瞬間、予想外に[[[マリク・アルシャイフ|マリク]]が書斎に現れた。負傷した左手を右手で抑えながら

  • マリク: いや! まだ死んでないぜ
  • アル・ムアリム: マリク!
  • マリク: 少なくとも俺はな!
  • アル・ムアリム: カダールは?
  • マリク: 死にました 貴様のせいだ!

アルタイルを指さし話はじめた。

  • アルタイル: 部屋から放り出されては戻りようがなかった 何も出来なかった
  • マリク: 思い上がりやがってお前が警告を無視したせいだ! こんなはずじゃなかったのに! 弟も死なずに済んだはずだ!お前のおかげで危うく失敗するところだった
  • アル・ムアリム: 危うく?
  • マリク: アルタイルの尻拭いをしてきました これを どうぞ
テンプル騎士団の秘宝

テンプル騎士団の秘宝

低位のアサシンに秘宝を運ばれてきた

  • マリク: どうやら余計なものまで持ち込んでしまったようですが

別のアサシンが村がテンプル騎士団に襲われたと報告しに来た。

  • アサシン: 大導師! 襲撃です! 十字軍が村を完全に包囲しています
  • アル・ムアリム: ロベールが挑んできたか 良かろう受けた立つぞ ゆけ、みなに知らせよ 応戦の準備に欠かれ! アルタイル話はまた後でするとしよう ただちに村へ降り侵入者を撃退するのだマシャフを守れ!
  • アルタイル: 承知しました

結果 編集

失敗をマリクが尻拭いしたことにより、ロベールがマシャフに侵攻しマシャフの防衛戦が始まる。 この後、アルタイルは失敗の責任を取らされ、師範を剥奪される事になった

参照編集

  1. ママ


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。