FANDOM


作品アイコン-Bloodlines作品アイコン-AC2作品アイコン-Renaissance作品アイコン-Secret Crusade作品アイコン-featured

この記事は アルタイルの写本を書いている記事で、 あなたが探しているのはエツィオの写本の可能性があります。


"教団について知るための手引きだ、起源、目的、技術- 信条といってもいい。"
マリオ・アウディトーレ[src]
写本の表紙

写本

写本マスターアサシンアルタイルが、彼のアル・ムアリムの死後に書いた30ページの書物である。

それは、彼のリンゴに対する調査の記録、暗殺の技術、人生について記されていた。[1]

歴史編集

中世盛期編集

アル・ムアリムの死後すぐにアルタイルは写本を書き始めた。 アルタイルは全人生の中を通して得た、アサシンてテンプル騎士団の間でで続く戦いの事などを記した、その中で最も重要なものはリンゴから得た情報である。[1]

アサシンの技とピストルを含めいくつかの武器を発明し、最終的に92歳頃写本を完成させる。[1]

散逸編集

ニコロに写本を渡すアルタイル

ニコロに写本を渡すアルタイル

1267年 マシャフ砦がモンゴル軍に包囲された時、アルタイルは写本と5つの鍵ニコロマルフォのポーロ兄弟に託した。

しかし、2日後逃げ出したポーロ兄弟はモンゴル軍の奇襲に逢い写本は奪われてしまった。[2]

1321年 ニコロの息子マルコフビライ・ハーンの宮殿からそれを取り戻し、アサシンダンテ・アリギエーリに渡すが彼はテンプル騎士団に殺され、写本は弟子のドメニコ・アウディトーレの手に渡った。そして、オラント港からイタリア各所に隠されることになった。[1]

ルネッサンス編集

集まっていく写本、マリオとエツィオ

集まっていく写本

 写本が散逸した後、アサシン達は集めようと試みたが1476年の時点で6ページに過ぎなかった。

その年、エツィオはアサシンとしてのの義務だったと知り、その遺志を継いで1499年までにイタリア中に散らばる写本の断片を集め30ページの写本は完成した。写本は暗号化されており、それを解読できるのは彼の亡き父ジョヴァンニと友人の発明家であり画家のレオナルド・ダ・ヴィンチだけだった。[1]

写本には知識を保管した宝物庫を開けるために必要な2つのエデンの果実と、預言者の到来。世界中にある宝物庫の場所を記した地図が隠された。

その後、ボルジアモンテリジョーニを包囲した時に写本は再び散逸した。

[1]

近代編集

21世紀初頭 再び写本の断片は散逸し、フィレンツェの図書館に展示されるなどしていたが、その多くは個人コレクターやテンプル騎士団の手にあった。[1]

写本のページ編集

1 - 15編集

16 - 30編集

アブスターゴのロゴ An image gallery is available for
写本



Notes and references編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。