FANDOM


作品アイコン-Embers.png

30pxウィキペディアのロゴ.png


嘉靖帝(Jiajing Emperorかせいてい、1507/09/16 - 1567/01/23、在位:1521年 - 1566年)は中国明朝の第12代皇帝。諱は厚熜(こうそう)(熜の字は火偏+總)。廟号は世宗(せいそう)。日本では在位中の元号から一般的に嘉靖帝と称される。


テンプル騎士団と協力した明朝第12代皇帝である。[1]

経歴 編集

1524年 中国のアサシンの動きを警戒していた彼が、自分に反抗するものを根絶やしにするこを望み行った粛清は多大な成果を上げた。生き延びた数少ないアサシン達は西へのがれ他のアサシン達に助けを求めた。.[1]

その後、逃れたアサシンを狩るためイタリアにまで追手を放った。

ヴェネツィアで彼らは、追っていたユン・シャオの師を殺害する。

その時逃したユンを追いフィレンツェまでやってきた。そこで、彼女はイタリアの大導師エツィオ・アウディトーレに助けを求めた。

そして、フィレンツェにてユンを見つけた追手は、路地裏まで追跡し彼女に襲いかかる。.[2]

追手の一人はユンに殺害され、彼女らを取り逃がしてしまう。

She explained that Jiajing liked inflicting pain on his enemies with torturous deaths.

Explaining that she had been a concubine before her mentor had saved her, when they returned to save the other concubines Jiajing had killed them all.

嘉靖帝は体を切り刻む処刑、凌遅(リンチー)を好んで行った。

Later that night the rest of Jiajing's men faced both Ezio and Jun at Ezio's house. Most of the men employed Chinese sword-fighting techniques (as the first man that Shao killed had), but one of them instead used a Chinese hand cannon.

Though they fought well, the men were all killed by the two Assassins. The next day Shao departed for China, but not before receiving a mysterious gift from Ezio – a tiny chest, which he told her to only open if she lost her way.[2]

注釈 編集

参照 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki