Fandom

ASSASSIN'S CREED Wiki

導師

607このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
作品アイコン-Brotherhood.png作品アイコン-Revelations.png作品アイコン-Brotherhood book.png作品アイコン-Revelations book.png作品アイコン-The Fall.png作品アイコン-Assassins.png

"導師の役割とは、自由な意志を通して調和を追求する教団の働きを監督し調整することだ"
―導師, 2000年.[src]
アサシン紋章基本.png


導師の称号は、弟子の指導にあたり、膨大な量の技と知恵を得ているアサシン教団の指導者に与えられた。現代においては教団全体の指導者1人だけに与えられている。[1]

彼らは見習いとして、大導師から訓練を受け高い技術と知恵を身につけた後、世界中で広げられる支部を監督するためするよう派遣された。[1]

These Assassin leaders were assigned to direct the branches of Assassins spread around the globe, who were awarded with the unofficial title of Mentor once they had trained a specific number of apprentices and received a high amount of skill and wisdom.[1]


20世紀 導師の称号はアサシン教団全体を率いるたった一人に与えられる称号でになった。[1]

導師は彼らの前任者の知識と経験の全ての継承者として導師から導師に受け継がれてきた。 The Mentor acted as a living conduit for all of their predecessors, possessing the sum total of all of their knowledge and experience, which was passed down from Mentor to Mentor.[2]

歴史編集

中世編集

アル・ムアリムと対峙するアルタイル.png

アル・ムアリムと対峙するアルタイル

導師の称号の称号を初めて用いたのは、第三回十字軍の時代にレヴァントのアサシンの大導師アル・ムアリムであった。彼は己のためマシャフエデンのリンゴを用いアサシン達を洗脳し支配下に置こうとした時、弟子であるアルタイル・イブン・ラ・アハドに殺害された。[3]

アルタイルはアル・ムアリムの跡を継ぎ大導師として、教団の改革を果たした。[4]後世では功績から伝説の大導師、伝説のアサシン、中興の祖として尊敬されていた。 [5]


1227年 アルタイルの幼少の頃からの親友でライバルだったアッバス・ソフィアンはアルタイルの対しクーデターを起こしアルタイルはマシャフを飛び出す事になった。大導師の称号を奪ったアッバスは1247年帰還したアルタイルに射殺されるまで20年間悲惨な生活をマシャフの民に強いた。[6] 称号を奪還したアルタイルはその後、1257年モンゴル軍の包囲の中教団を各地に拡散させ、同8月12日書物庫でその生命が終わりを迎える時まで、10年間大導師で在り続けた。[5]

ルネッサンス編集

"You will now be known as il Mentore, the guardian of our Order and our secrets."
―Niccolò Machiavelli to Ezio Auditore.[src]
エツィオ大導師に任命される.png

エツィオ大導師に任命される

1503年8月 エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェは長年に渡るボルジア家との戦いの功績を認められ、実質的な大導師ニッコロ・マキャヴェリから認められ、正式にイタリアのアサシンの大導師となる。[7]

彼は数年間この位置をを守り、そしてコンスタンチノープルに滞在中、オスマンのアサシンのリーダーと導師の役買ってでだ。[5]

1512年後半 エツィオはにオスマン帝国からイタリアに戻ると導師を辞して、ロドヴィーコ・アリオストに後継者任命した。[8]

1511年 アルタイルの直系の子孫でありイスケンダーがエジプトのアサシンの導師を務めていた。後に彼は投獄され、エツィオに助けを求めた。[5]

エツィオのが教団を引退した後、中国のアサシンユン・シャオ彼女の導師と共に嘉靖帝の粛清から逃れエツィオに援助を求めにイタリアへ向かった。二人はヴェネツィアに到着するが、そこで嘉靖帝の刺客から導師はシャオを逃がすために戦い死亡してしまう。[9]

現代編集

19世紀後半  導師とロシアのアサシンは、貴族主義的な支配体制を押しつけるロシアの王室に関わっていた。

1888年10月 クリミア半島からサンクトペテルブルクに旅行中のロシア皇帝アレクサンドル三世を暗殺するためニコライ・オレロフを差し向ける。

1908年 皇帝の杖(エデンの杖)をツングースカテンプル騎士団の研究施設から取り戻すために、導師はニコライをもう一度選んだ。[10]

導師を殺すダニエル・クロス.png

導師を殺すダニエル


20世紀 アサシン教団は一人の導師のもとで結束していた。[1]

1998年 導師として教団を率いた正体不明の人物は、存在を特定されないためアサシンにさえ居場所や名前を隠し、常に一箇所にはとどまらなかった。

2000年11月 導師は2年間の監視を続けたダニエル・クロスを立派な見習いだと思い込み、秘密のドバイ本部に招き入れた。[2]

しかし、アサシンブレードをテにすると導師を殺す、という命令を無意識のうちにアブスターゴによって刷り込まれたダニエルは、手渡されたアサシンブレードで導師を殺害。これのよりアサシンの機能は麻痺し解散状態に追い込まれた。[2]結果指導者の重責はウィリアム・マイルズが担うことになった。[5]

知られている導師編集

References編集

テンプレート:ACTF

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki