FANDOM


仕事へ編集

午前10時1分 ギャビンとショーンはウィリアムの不在について話し合った

ショーン: それであなたはウィリアムをどうするつもりだい?
ギャビン: なにも
ショーン: 「なにも」とはどういう意味だ? 彼はどこにも居ない。 僕達を見捨てたんだ
ギャビン: 誰も見捨てちゃいないさ。ただ、ビルには時間が要るんだ
ショーン: でも、またテンプル騎士団が見つけ出したら--
ギャビン: 偉大なショーン・ヘイスティングスが見つけられなかったんだ、テンプル騎士団にできるとでも?
ショーン: それもそうだ… 彼は別れも告げなかった、あなたは知ってるかい?
ギャビン: 彼はよくやってくれた
ショーン: 彼は一人じゃないんだ! 実に自己中心的じゃないか!
ギャビン: 別れが得意じゃないのさ
[a long beat]
ショーン: じゃあ僕らは何をすればいい?
ギャビン: 我々は仕事をして、我々はページをめくる

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki