FANDOM


母親殺し編集

午後4時23分 ロシア、モスクワ アルタイルIIで入門者スパイは更新

使用可能な全言語でイニシエイツ・データベースにアップロード
レポート開始:

モスクワで任務遂行中のエメットの報告書から以下を抜粋

我々はサイエンスシティを発見した!何てことだ。ここは腐った肥溜めだ
流入現象によって殺気立ったアサシン達が野放しでうろついている

みんな(マニー以外)は銃を持っていたが、ガリナは拒否した。彼女はダブルブレードを持っていた。
ガリナはほとんど1人でそいつら全てを始末した。
その光景は陰惨なバレエのようだった

狂ったアサシンの1人は彼女と同じだった!双子?
ガリナは瞬きもせず彼女を瞬殺する。彼女は恐ろしい。


Sidebar: I am a terrible shot. Why didn't I stay on the fucking boat?


We forced our way into the lab. 
ガリナの母親は私が見た中で最も酷いアニムスに縛り付けられていた
骨董品ものの部品。これを動かすべきではなかった。
彼女は何か失った灰色の夫というようなうわ言を言っていた
流入現象はろくでもない

壁にモニターがあった。動いていなかったが… 顔が映ったように見えた
どこかで見たような気がするが、誰だかはわからない…

ガリナはマシーンの前にひざまずいて、その刃を母親の頭に差し込んだ。
誰もが二人を見ていたが、私はモニターの顔を見続けた
叫びをあげて、消えてしまったように見えた。そこにいたのだろうか?

忠実なるスパイ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki