FANDOM


到着

午後1時2分 ノルウェーのアルタイルIIから入門者スパイは更新

使用可能な全言語でイニシエイツ・データベースにアップロード
レポート開始:

ウィリアム・マイルズはギャヴィンが秘密のバンカーにたどり着いた事に驚いたが、その素振りは見せなかった。
握手もハグもせず、二人が長い間一緒に戦っていた事を示すものは何もない。

「ビル、話そう」ギャヴィンは言う

ショーン・ヘイスティングスとレベッカ・クレインは我々と会えたことが嬉しいと重い空気を変えようとしたが
ギャヴィンは取り合わなかった

「お前らは後だ。」

エメットはすぐヘパイストスフォンの調整のためレベッカを引っ張っていった。
私は息抜きのためマリファナをやるんじゃないかと疑っている。


現代の教団中心メンバーは抜け目がない
私は興味を持てる何かを手に入れるため隠れ家の中にバグを仕込むつもりだ

我々にとって絶好の機会だが、この先彼らに何が待ってるのかはわからない

忠実なるスパイ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki