FANDOM


憂さ晴らし編集

午前10時17分 入門者スパイはアルタイルIIから更新

イニシエイツ サーベイランス オーディオ トランスクリプト:

ウィリアム・マイルズ:これは何だ?

ギャヴィン・バンクス:何に見える? 
                     お前のくだらない本を返してるんだよ

ウィリアム・マイルズ:何故だ?

ギャヴィン・バンクス:何故ってなんだ?
           涙に濡れた手紙には前に進めなくなったと書いていたが、お前は1年ほどで戻って来た
                     お前は俺をおちょくってるのか

ウィリアム・マイルズ:やれやれ、お前はわがままな子供のふりをしてるのか

ギャヴィン・バンクス:何だと?

ウィリアム・マイルズ:息子を失ったんだ!すべてが終わったように感じた
                     そして、他の誰よりお前を信頼している
                     私は引き戻された
                     我々の為すべきことが私よりも、お前よりも、デズモンドよりも大事だからだ。
           もし、お前が俺を探しだすことしか考えて無かったのなら、見当違いの信頼だったようだな。

ギャヴィン・バンクス:ああ、そうだろうな
           Tell you what, you keep your riddles and your schemes, down here in the dark, and my team will go out into the real world and do real work.
           ショーンとレベッカに俺たちのマシーンの更新をさせてから連れ帰る。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki