FANDOM


ツリーハンガー編集

午前7時 入門者スパイはアルタイルIIから更新

イニシエイツ・サーベイランス・オーディオ・トランスクリプト:

ウィリアム・マイルズ:ギャヴィンとはどこで?

スーザン・ドレイトン:私が若かった頃、しがない活動家でした。
           育った場所のプリンス・ジョージの給水設備に侵入した時、
                    「新フッ素化合物」とラベルの付いたあやしいものを見つけました。
                     報道か何かにそれをリークしようとしたら逮捕されました。

ウィリアム・マイルズ: それで、ギャヴィンは刑務所から保釈させたのか

スーザン・ドレイトン:いえ、ジャニスです。
           最初は彼女が私のような過激な環境保護活動家だと思いました。
                     Ha! Turns out she was crazier, she was one of us. 

ウィリアム・マイルズ:彼女が教団に誘ったと

スーザン・ドレイトン:そうです
           ジャニスは自然保護がアサシンの成功のため必要だと話していました。
           私は何も言い返せませんでした。


ウィリアム・マイルズ:それで、ギャヴィンのチームに加わったのは?

スーザン・ドレイトン:二人は同じ船を盗もうとしたんです。
                     私は日本の捕鯨活動妨害のために使おうとしましたが、ギャヴィンは教団の移動司令部にしようとしていました。

ウィリアム・マイルズ:それで協力したと
 
スーザン・ドレイトン:そうです。
                     面白いのはギャヴィンが操船を全く分かってなかったということですね。
                     私は子供の頃船で過ごしました。
           それで、双方の問題に取り組み船を維持するために一緒に仕事を始めました。

ウィリアム・マイルズ:入門者は何を目的に戦ってると思う?

スーザン・ドレイトン:私たちをスパイするのに十分に賢いかもしれませんが、
              彼らに大義名分、存在意義、情熱があるとしても
                     それはわかりません。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki