FANDOM


同時主専攻編集

午前7時 入門者スパイはアルタイルIIから更新

イニシエイツ・サーベイランス・オーディオ・トランスクリプト:


ウィリアム・マイルズ:君の両親は北京のアブスターゴ製薬で働いていたな

ステファニー・チウ:  まだ働いているはずです

ウィリアム・マイルズ:君はアブスターゴの出資した大学を卒業してるな。
           君の道は決まっていただろう

ステファニー・チウ:  私の人生は生まれた時から決ってました。医者になるため必死に勉強しろ、家業を手伝え。
           いい子でいろ。

ウィリアム・マイルズ:医学、生物医学、化学工学の学位を持った浸透膜技術でポストドクトラルフェローだったな

ステファニー・チウ: Thrilling, right?

ウィリアム・マイルズ:それとは別分野の情報セキュリティと情報工学の学位も持っているな。
         
ステファニー・チウ:  本当は両親と仕事はしたくありませんでしたが、
            アブスターゴで働くことがいいように思えたので。
           選択肢が欲しかったんです。アブスターゴは医薬品より多くの高度な技術を持っていましたから。

ウィリアム・マイルズ:何が君を彼らから背かせたんだ?

ステファニー・チウ:  新フッ素化合物のスキャンダルは知ってます?

ウィリアム・マイルズ:アブスターゴがアメリカの小さな町で工作をしたのがバレた件だな。

ステファニー・チウ:  ええ、でも中国では捕まりませんでした。
           いたるところでそれを使って人々をめちゃくちゃにしました。

ウィリアム・マイルズ:君に何の関係がある?

ステファニー・チウ:  新フッ素化合物を作ったのは父です。
                それを知った時は信じることが出来ませんでした。
           私は香港に逃げて、アブスターゴは追ってきました。
           もうダメかと思いましたが、ギャヴィンとドレイトン船長に会い船に乗せてくれました。

ウィリアム・マイルズ:それで一員になったのか。

ステファニー・チウ:  ええ。私はみんなを治したり、エメットの草を育てたりしますが、
           アブスターゴと戦うためにここにいます。
                     誰もその生活を壊すことは許しません。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki