FANDOM


一等航海士編集

午前7時 入門者スパイはアルタイルIIから更新

イニシエイツ・サーベイランス・オーディオ・トランスクリプト:

ウィリアム・マイルズ:エディンバラの虐殺の後教団に誘われたな。

エリック・クーパー:  アンタはそれを「虐殺」と呼ぶが、
                     俺は「最愛の人を殺した連中に対する綿密な復讐計画」と呼んでる。
                     意見の相違だな。

ウィリアム・マイルズ:ギャヴィンが言うには自殺を考えてたところを誘われたらしいな。
                
エリック・クーパー:  どん底だったと言っていい。わかるか?
                     エディンバラの街か、世界の何処かで1人消えようとしていた。
                     別にどっちでも良かった。
           だが、アサシンが考えを変えてくれた。

ウィリアム・マイルズ:どうして?

エリック・クーパー:  まず、皆歓迎してくれた
           俺を見たギャヴィン達に物扱いされた事は今までにない
                     そんな経験を今までしたことがない。わかるか?

ウィリアム・マイルズ:船の中で親しいのはチウ先生とMr.リアリーだな

エリック・クーパー: そうだ、チウはホルモン管理の手助けをしてくれる。
           手術の後でもあんたの前に座ってるマッチョな悪党を続けるのも大変なんだ

ウィリアム・マイルズ: エメット・リアリーは?

エリック・クーパー:   船の運行をスムーズにするのが義務だが、あいつは厄介事の一つだな。
           だが、皆もよく笑わせてくれるしウチのチェックも手伝ってくれる。 
                      I want to plan for a future where I can go back one day, ken?

ウィリアム・マイルズ: 分かった。

エリック・クーパー:   誰かがスパイだなんて思わないよな?

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki