FANDOM


忠実なるスパイ編集

午後2時33分 入門者スパイはウィリアムのバンカーから更新

イニシエイツ・サーベイランス・オーディオ・トランスクリプト:


ウィリアム・マイルズ:    過去教団を裏切った者達は死をもって償わせてきた。
              新たな裏切りに対して、同じことをしない理由はない。

ショーン・ヘイスティングス: Um, I could probably muster up a few --

ウィリアム・マイルズ:      黙っていろ!
              スパイが誰かは分かっている。
              ガリナ

ガリナ・ヴォロニナ:     ん?

ウィリアム・マイルズ:    チウ先生を殺せ

ガリナ・ヴォロニナ:        了解

エメット・リアリー:        待て、どういうことだ?

エリック・クーパー:        待て!待ってくれ!

ギャヴィン・バンクス:      下がれ、エリック。

エリック・クーパー:        俺だ!
                           彼女じゃない! 俺が裏切り者だ!

ステファニー・チウ:     止めて、エリック!

エリック・クーパー:        俺がメッセージを更新していた!俺がスパイだ!

ショーン・ヘイスティングス:スコットランドのスパイ? 笑えるね。

ステファニー・チウ:        彼が書いたレポートを私が更新するのよ!

エリック・クーパー:     チウ!

ステファニー・チウ:        私たちは仲間よ!

エリック・クーパー:        俺はやっぱり1人じゃ死ねないのか。

ギャヴィン・バンクス:      誰も死にはしないよ、マヌケ

エリック・クーパー:        分からない。

ウィリアム・マイルズ:      やりたくても入門者を退治する資源がないのでな

ギャヴィン・バンクス:      レベッカが見せてくれたものから、彼らは道理がわかるみたいだ。

ウィリアム・マイルズ:      私が話を聞く機会を与えたら、感心したよ。

ショーン・ヘイスティングス: Just so we're all on the same page, there's to be no murder today? 

ウィリアム・マイルズ: No.

エリック・クーパー:        俺の年寄りみたいな心臓発作を起こさせる気か?

ウィリアム・マイルズ: You have to let an old man have his fun.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki