Fandom

ASSASSIN'S CREED Wiki

知識(タミール)

607このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
作品アイコン-AC1.png

No image.png この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
This article is within the scope of WikiProject Memories,
an attempt to create a detailed and informative
resource for all the existing missions in the
Assassin's Creed series
WPメモリー.png


知識(タミール)(Knowledge (Tamir)) は2012年デズモンド・マイルズ アニムスによって追体験した先祖アルタイル:・イブン・ラ・アハド遺伝子記憶である。

内容 編集

アル・ムアリムの支持に従いダマスカスの支部に行き、管区長ラフィークに暗殺の許可をもらう。


会話 編集

支部に入る

  • ラフィーク: アルタイル. It's good to see you. And in one piece.
  • アルタイル: You as well, friend.
  • ラフィーク: I'm sorry for your troubles.
  • アルタイル: それはいい
  • ラフィーク: さっきも兄弟たちが君の噂をしてたんだがね いやあ、君があれを聞いていたら血の海になっていたんじゃないかと
  • アルタイル: どうでもいい
  • ラフィーク: 君はもとから掟を気にかけない人だったからな
  • アルタイル: もういいか?
  • ラフィーク: 失礼、つい調子に乗ってしまった で、ダマスカスへはどんな任務で?
  • アルタイル: タミールという男だアル・ムアリム様はそいつの悪事をご存知だ 居場所を教えてもらおう
  • ラフィーク: まさか仕事の手順を忘れたとでも?
  • アルタイル: 忘れるか! 標的がいつどこに現れるか調べる 下っ端の仕事だが今は 俺の仕事だ
  • ラフィーク: そういうことだ せいぜい頑張ってくれ まずはやつの企みと居所を突き止めろ
  • アルタイル: 何か助言はもらえるか?
  • ラフィーク: タミールは闇商売を生業としているから やはり市場地区には行く必要があるだろう とりあえずここから北東にある小さい市場 東の神学校 北の庭園は外せないな その三箇所を回っていれば嫌でもやつの事がわかるはずだ 
  • アルタイル: で、解ったらここへ報告に戻れというのだろう
  • ラフィーク: そうだ、私はアル・ムアリム様の羽を君にあげ 君はタミールの命を頂戴する
  • アルタイル: 承知した
  • ラフィーク: そうそう アルタイルくん万が一面倒を起こして街の者に追われることになったらこの支部に戻ってもいいぞ 君をかくまってやろう しかし、追っ手が余り近くまで迫っている場合は扉を開けることはできない わかったな?
  • アルタイル: ああ 敵を案内して味方を危険にさらすわけには行かない
  • ラフィーク: そうだ、では行ってこい

十分な情報を得て支部へ戻る

  • ラフィーク: おお! アルタイルくんよく来た!
  • アルタイル: 言われたことはやった 許可をもらおう
  • ラフィーク: いや、成果を聞かせてもらうのが先だ
  • アルタイル: やつはアル・シラー市場を仕切っている 武器防具を売って一財産築き各地の業者に顔が利く 鍛冶屋運び屋金貸しなどだ 国中でも一番の死の商人だ
  • ラフィーク: それで?どうやってこの害虫を始末する?
  • アルタイル: アル・シラー市場で取引のための重要な会合がある タミール一世一代の大商売だそうだ やつはそれで頭がいっぱいだろう そこを狙うとする
  • ラフィーク: 一部の隙もない計画じゃないか では行け

そこで、ラフィークはアルタイルにを渡す。

  • ラフィーク: アル・ムアリム様に仕えるよ 準備ができたら行くがよい

タミールを暗殺せずに支部に入る

  • ラフィーク: 我が友よどうした? まだタミールを殺ってないのか? それとも逃げられたか?
  • ラフィーク: いや、何も問題はない
  • アルタイル: じゃあなぜこんなに早く戻った? いやいいんだ答えなくても 君なりのやり方があるだろうからなきっと上手くいくさ そいつがどんなに奇妙な方法だとしてもな

その後ロックオンして話しかける

  • ラフィーク: いい加減この任務にとりかかったらどうなんだ!
  • ラフィーク: しかし地位を奪われるなんてさぞかし恥ずかしかっただろう
  • ラフィーク: 大導師も君の活躍をお喜びになる
  • ラフィーク: くれぐれも掟を守って それから少し、お手柔らかに頼むよ

結果 編集

ラフィークはアルタイルに暗殺許可を与えた。

Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki