FANDOM


作品アイコン-AC2.png作品アイコン-AC3.png作品アイコン-TWCB.png

"I'm attacked by a new enemy. I fear I will succumb. [...] The dreams, they become unspeakable. You are in them, Connor. I believe the visions come from this."
―George Washington to Ratonhnhaké:ton, on the visions from the Apple.[src]
第三のリンゴ
Apple of Eden.png
概要
種類

エデンの果実 (リンゴ)

能力
  • 幻を見せる
  • マインドコントロール
現在地

不明

歴史
Time period
作成者

かつて来たりし者

著名な使用者

第三のリンゴ(Apple of Eden #3))はかつて来たりし者によって人類を支配し労働力とするために高度な技術によって作り出されたエデンの果実の一つである。 第三のリンゴは代々のアメリカ合衆国大統領に受け継がれていた。ジョージ・ワシントンは既知の人物の中で最初の所有者である。


歴史編集

第三のリンゴはかつて来たりし者が人類をマインドコントロールし奴隷にするために作り出したアーティファクトの一つである。後の紀元前75010年に起こったトバ・カタストロフにより文明は滅びエデンの果実は世界各地へ散逸していった。[1]

アメリカ独立戦争中の1781年10月、大陸軍ヨークタウンの戦い英国軍を打ち破り戦争の勝利を決定づけた。その時に捕えた英国人将校が所持していたのを見つけたジョージ・ワシントンがリンゴに魅了されそれを取り上げた。その時の将校の顔をワシントンは覚えていなかった。[2]

戦争終了後の1783年、ワシントンはリンゴによって、アーティファクトの力に溺れて合衆国王の称号を得て冷酷な暴君となる幻に悩まされる事になった。 それを止めるためフロンティアでコナーを必死で探し出し、幻について説明した。コナーがアーティファクトを見せてくれというとワシントンは躊躇しながらも同意した。[2]

二人の手がリンゴに触れた瞬間、コナーの意識は別の世界で目覚めた。リンゴの力に引きこまれながらもラドンハゲードンは反政府勢力の助力によってワシントン王を倒した。目覚めた時ワシントンはリンゴの危険さを再認識したワシントンはコナーに海の底へ沈めるようにと言った。[2]

Inevitable Confrontation 17.png

Connor dropping the Apple into the ocean

コナーはリンゴを重りを付けた袋へ入れアキーラ号で出港していた。一方ワシントンはオフィスでリンゴが作り出した幻影に共和制の弱点を補うために国王に匹敵する権力者を建てる必要があると説得された。 ワシントンは強くその意見に反対し、コナーがリンゴを海に捨てると幻は消えた。[2]

1944年リンゴは第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの手にあった。ウィンストン・チャーチルヨシフ・スターリンアドルフ・ヒトラーと共にテンプル騎士団に操られ第二次世界大戦を引き起こした。[3]

リンゴは35代大統領ジョン・F・ケネディに引き継がれた。公民権運動に賛同していた彼はテンプル騎士団の脅威と判断された。ドライバーのウィリアム・グリアは彼の暗殺別のリンゴにコントロールされリンゴを奪った。[3]

ギャラリー編集

References編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki