FANDOM


作品アイコン-AC1

This article is within the scope of WikiProject Memories,
an attempt to create a detailed and informative
resource for all the existing missions in the
Assassin's Creed series
WPメモリー


調査(Interrogation (マスン)) は2012年デズモンド・マイルズ アニムスによって追体験した先祖アルタイル:・イブン・ラ・アハド遺伝子記憶である。

内容 編集

タミールの事を絶賛する先触れを見つけ出した。彼を人気のない場所に追いタミールについて話をさせた。


会話 編集

  • 先触れ: この男のことを語らせたら私の右に出るものはイない! さあ寄った! 比類なき大富豪の話をお聞かせしよう! タミールはキャラバンを率いダマスカスとエルサレムの間を行き来していたが、商売は思うように行っていなかった エルサレムでは彼の売る果物や野菜には誰も興味を示さなかったようだ ハッティンの戦いの直前のこと サラディン率いるイスラム軍は食料が尽き 来るあてもない補給部隊を待ちわびていたのだった! そこでタミールは北へ旅立ったが、自分の売り物がどうなるか気がきではない 売り物を腐らせてしまったら彼の人生は哀れ一巻の終わりとなるのだから心配は切実だ だが、彼の運はまだ尽きていなかったのだ 神は彼を見放さなかった! タミールが現れなかったらきっとサラディンは兵士たちの謀反に会っていたことだろう とどのつまり我々の勝利はタミールのおかげなのだ

アルタイルは人気のない場所で先触れを殴り情報を聴きだした。

  • アルタイル: お前はタミールの事を知っていそうだな やつの企みを教えてくれ
  • 先触れ: この話以上はなにも知らないんだ
  • アルタイル: ほう 何も知らないなら生かしておいても何の得にもならないな
  • 先触れ: 待ってくれ! 一つ思い出した
  • アルタイル: 話すんだ
  • 先触れ: なぜだか知らないが ここのところタミールは大変な数の武器の生産で大忙しなんだ
  • アルタイル: 当然だろう サラディンが戦いを控えている そんな話しかないとはやっぱり役に立たないんだな 
  • 先触れ: よせっ! やめろ! サラディンじゃない! 武器に刻まれているのは見慣れない紋章なんだ タミールが力を貸そうとしているのはサラディンじゃないんだ 別の誰かだ! だが、一体誰なんだ?
  • アルタイル: 他にあるか?
  • 先触れ: これで全部だ 他には何も知らない!
  • アルタイル: では終わりにしよう

アサシンブレートで刺殺する

  • 先触れ: うっ・・・ ううっ・・・


結果 編集

タミールは正体不明の何者かに武器を売る気らしい

Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki