FANDOM


作品アイコン-AC1

This article is within the scope of WikiProject Memories,
an attempt to create a detailed and informative
resource for all the existing missions in the
Assassin's Creed series
WPメモリー


知識(タミール/盗聴3) は2012年デズモンド・マイルズ アニムスによって追体験した先祖アルタイル:・イブン・ラ・アハド遺伝子記憶である。

内容 編集

市場について盗人が話しているのを見つけた。

会話 編集

アルタイルは2人に近づきその会話を聞いた

  • 市民: それじゃあ 一体どうやったんだよ?
  • 盗人: 大変だったんだぜ 危機一髪ってやつさ 商人から盗んでやろうとしたら見つかって 人を呼ばれちまってな
  • 市民: すぐに警備の兵もすっ飛んできただろ?
  • 盗人: 武装して顔を真赤にした連中が10人は来やがったな 
  • 市民: で? どうしたんだ?
  • 盗人: そりゃ逃げたさ! 人をかき分け! 押し退け! 露天のテントをひっくり返し! ところがやつらは諦めない!
  • 市民: どうやってまいたんだ?
  • 盗人: 仲間の助けだよ
  • 市民: どういうことだ?
  • 盗人 2: 市場の南東の出口に俺っちの兄弟が2人ばかりいたのさ  2人が警備兵の注意をそらし逃げる時間を稼いでくれたんだ 2人がいなけりゃ俺はとっくにお縄になってたろうさ


結果 編集

自警団の力を借りて逃走する経路を見つけた


Gallery 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki