FANDOM


Eraicon-Altair's ChroniclesEraicon-AC1Eraicon-AC2Eraicon-DiscoveryEraicon-BrotherhoodEraicon-RevelationsEraicon-AC3Eraicon-LiberationEraicon-AC4Eraicon-Project LegacyEraicon-The FallEraicon-The ChainEraicon-French Comic

30pxウィキペディアのロゴ


"Our DNA functions as an archive. It contains not only genetic instructions passed down from previous generations, but memories as well. The memories of our ancestors."
Warren Vidic.[src]
AC1 Animus 1.28

The Animus, a machine used to decode genetic memory

遺伝子記憶(Genetic memory)または遺伝記憶はDNAを通して先祖の記憶が子孫に受け継がれるという理論である。それにより動物は本能的な行動を可能にし、人間は歴史や経験、知識を次の世代に継承することができる。

この能力はかつて来たりし者も持つ能力である。それを人間に与えようとしたのはミネルヴァティニアであるが、ジュノーは丈夫な体以上に人間に力を与えることを否定した。[1]

アブスターゴ社は過去の出来事に隠れた情報を探しだすため、3次元空間に解読した記憶を投影するヴァーチャルマシンアニムスを開発した。

記憶を抽出する事で直接の祖先でなくても記憶を見えるデータ蓄積スキャナーも開発した。


アニムス計画編集

主な記事: アニムス計画
AC2 Clay Desmond Memory Match

Animus comparing two subjects for matching memory data

遺伝子記憶とアニムスを通してアブスターゴはこれまで知られていなかった歴史の詳細だけだなく、敵であるアサシン教団エデンの果実について多くの情報を得ようとした。[2][3]

そのためにウォーレン・ヴィディック博士の率いるアニムスプロジェクトが設立された。[2] その計画は歴史的瞬間に関わったテンプル騎士とアサシンを先祖に持つ被験体の記憶を分析することだった。[4]アニムス被験体1号から17号までをアニムスに入れられ遺伝子記憶の大部分を調べられた。[2]


制限編集

"Unfortunately, when we try and open the memory, your mind withdraws. You lack the confidence to step into your ancestor's body."
Lucy Stillman during Desmond Miles' early use of the Animus.[src]
AC1 Animus Wall

An Animus Wall, representing user's inability to synch with the memory

遺伝子記憶は被験体が望むと望まざるにかかわらず調査することができる。

Should one not co-operate in entering an Animus and reliving a memory, a coma could simply be induced on the subject and the memories extracted from their dormant mind.[2]

しかし、ウィリアム・マイルズはアニムスに入ることを拒絶する事で、数週間という時間と手間を取らせ強制的にメモリーを抽出される事を回避した。[5]

自発的に調査に協力する場合であっても、遺伝子記憶を再現する事は困難だった。多くの場合被験者の無意識が見知らぬ異国の記憶を拒絶してしまうからである。それゆえ被験者が対象の先祖とのシンクロ率を高めるまで一種のトラウマとなる記憶へのアクセスは困難だった。[2][4]

デズモンド・マイルズがみた先祖アルタイル・イブン・ラ・アハドの記憶によると、アルタイルがマリア・ソープと会い次男が懐妊するまでの先祖の記憶を見ることができる。[3]

記憶内記憶パターンは一定の条件がそろうと発現する。例えば妊婦でああった被験体15号の場合。アニムスが胎児と父親の記憶を読み出そうと記憶が競合した。[4]

後にデズモンドがエツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェの記憶を追体験してした時に発生する。ナヴァラの包囲の記憶を見ようとした時、エツィオ自身がモンテリッジョーニの包囲を思い出し、その体験をデズモンドに追体験させた。[4]

メモリー抽出編集

主な記事: 代用計画

1980年代初頭 アブスターゴ代用計画で直接血の繋がりのない人物の記憶でも、子孫のDNAから抽出した記憶を追体験することに成功した。

21世初頭 その研究成果によりデータ蓄積スキャナーが開発され、エデンの果実の情報を集めるレガシー計画[6]やエージェント育成のためのアニムストレーニングプログラムが実用化された。[4]その後アブスターゴエンターテイメントにより抽出した記憶を娯楽用に民間に販売された。[5][7]

References編集

テンプレート:ACFC

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki