FANDOM


作品アイコン-Realworld

No image この記事は書きかけです。是非とも、この記事に加筆してみてください。画面上部の「編集」をクリックすると、編集画面になります。
Assassin's Creed Encyclopedia
Encyclopedia V3 FicheProduit 82605.1382631947.386.513
発行元:
Ubisoft
著者
François Dansereau
Ivan Lowe
James Nadiger
Nitai Podar
Megan Sutton
Johathan Whelton-Pane
William Wright
日本発売
2012年9月6日(エツィオサーガ同梱初版ブラックエディション)
2014年03月20日(コナーサーガ同梱2版)
米国発売
2011年11月(初版)
2012年10月(2版)
2013年11月11日(3版)
欧州発売
ジャンル:
百科事典
形式:
Softcover (First Edition)
Hardcover (Second Edition)
言語:
English, French
日本語(ブラックエディションのみ)
ページ:
256P(初版)
384P(2版)

アサシンクリード エンサイクロペディア(Assassin's Creed Encyclopedia)UBIワークショップで製作されたアサシンクリード世界の解説書である。 最初はアートブックとして企画されたが、百科事典を作ることになり多くの情報が記載された。[1]

Craig Mullins, Tavis Coburn, 123Klan, Gabz, James NG, David Alvarez を筆頭に参加アーティストがアサシンを書くために自由な時間と権限を与えられた、その中で百科事典を編纂する企画が立ち上がった。

シリーズの他のアーティストやファンを特集する「cartes blanches」もある。(There was also a "cartes blanches" section that featured artwork by other professional artists and fans of the series.)

ブラック・エディションはゲームのアサシンクリードリベレーションアニムス・エディションに付属された。

ホワイト・エディションはUBIワークショップを通じてアルティメット・エディション・オブ・リベレーションでリリースされた。(The White Edition was released through Ubiworkshop and with the Ultimate Edition of Revelations.)[2]

日本では2012年09月06日発売のブラックエディションがエツィオサーガに収録されている。

第2版はアサシンクリードIIIの発売と同時に発売され、3、アサシンクリード:レディリバティ、 Assassin's Creed: The Chainに関する120ページの新たな内容が加えられた。

第3版は2013年11月11日にアサシンクリードIV:ブラックフラッグとAssassin's Creed: Brahmanの記事を加え出版された。


エンサイクロペディアは主に4つのセクションに分かれて記載されている。

組織 編集

エンサイクロペディアは3つの主要な組織の記述から始まる。 アサシン、テンプル騎士団かつて来たりし者

アサシン 編集

アサシンについての簡単な歴史の後、教団に所属するグループを紹介し鷹の目信条写本など教団の持つ重要な側面を説明する。最後にアサシンブレードレオナルドの機械、鍛冶屋から買える武器と防具が記載れている。

テンプル騎士団 編集

騎士団の歴史、そのイデオロギーを説明して、1937年アブスターゴ社の創立を紹介。それからアブスターゴ社の歴史概要、現在進行中の計画からアニムスの項目へ移り遺伝記憶流入現象(出血効果)が解説される。

第一文明(かつて来たりし者) 編集

第一文明が何者であったかという導入から始まるこの項目は種族の歴史、科学とテクノロジー人類の創造を詳述しているそれから彼らの遺産であるアンクマシャフの鍵水晶の髑髏などのエデンの果実を解説する。エデンのリンゴは様々な人物が手にし大きな影響を与えたため独自の項目が設けられている。

ストーリー 編集

アサシンクリード内で起こったできごとを時系列で解説する。

中世 編集

第三次十字軍の解説で始まり、アサシンクリードで起こった事やその後のキプロス、アルタイルの旅が書かれ 1257年マシャフの終焉によって終わる。

ルネッサンス 編集

この項目では、物語の中で最も長くエツィオの人生とその間で起きた事件をまとめている。

ジョヴァンニ・アウディトーレが探り当てたフィレンツェでの陰謀から始まり、フォルリの戦い、スペイン、虚栄のかがり火を含んだアサシンクリード2の時間で起こったことまで記載される。

それに続き、コペルニクスをめぐる密計・ダ・ヴィンチの失踪を含むローマでの出来事が描かれている。

リベレーションで起こった、アルタイルの書庫を発見から、エツィオ三部作の終わりまでの出来事が書かれている。

最後に、短編映画エンバース中国からユン・シャオがやって来て箱を渡すまででルネサンスは終わる。

ルネッサンス レガシー編集

1454年 モンテリジョーニの防衛、1508年 アニャデッロの戦い、1510年 ニッコロ・ディ・ピティリアーノ暗殺まで。

アメリカ独立戦争編集

スペイン領ルイジアナ編集

帝政ロシア 編集

1800年代末からのニコライ・オレロフの物語。 1894年 ツングースカでの杖の破壊、1903年 ニコライ2世の暗殺取りやめとラスプーチンの墓から杖の破片の回収

現代史 編集

この項目では現代のアサシンとテンプル騎士団の戦いを紹介している。2000年大粛清から始まり、デズモンドの誘拐からルーシーと共に脱走しミネルヴァのメッセージを見た後に、コロッセオ地下の宝物庫ジュノーのせいで昏睡に陥るまで。

登場人物 編集

デズモンド・マイルズ編集

デズモンドが生まれてから、宝物庫で昏睡に陥り意識を取り戻すまでに出会った仲間と敵。 After this, it details the ancestors of Desmond, including Aquilus, Ezio Auditore da Firenze and Altaïr Ibn-La'Ahad.

アクィラス 編集

3世紀半ば アクィラスとテンプル騎士団のアンクをめぐる戦い。

アルタイル・イブン・ラ・アハド編集

1165年 アルタイルが生まれてから 1257年に死ぬまでの人生と、出会った仲間と標的とその他の2人の王。

エツィオ・アウディトーレ・ダ・フィレンツェ 編集

1459年 エツィオの誕生から 1534年に死ぬまでにの人生と、出会った仲間と敵に加えパッツィ家の陰謀、ヴェネツィアの謀略、コンスタンティノープルの対立の関係者達、

ラドンハゲードン編集

アヴェリーン・ド・グランプレ編集

ダニエル・クロス 編集

ダニエル・クロスが誘拐されてからアブスターゴによって行われた実験と計画、その間に出会ったハンナ・ミュラーポール・ベラミーと殺害した導師について

ニコライ・オレロフ編集

ニコライの人生と妻アンナ・オレロフと協力者ニコラ・テスラ、敵対していたロシア皇帝の周囲

物語の舞台 編集

ゲームアサシンクリードに出てくるすべての都市を網羅

  1. マシャフ
  2. エルサレム
  3. ダマスカス
  4. アッカ
  5. フィレンツェ
  6. ローマ
  7. モンテリジョーニ
  8. ヴェネツィア
  9. コンスタンティノープル
  10. カッパドキア
  11. ボストン
  12. アメリカのフロンティア
  13. ニューヨーク
  14. フィラデルフィア
  15. ニューオーリンズ
  16. チェチェンイッツァ

初版 編集

Encyclopedia White

White Edition.

ホワイト・エディション編集

ホワイト・エディションは世界中でUBIワークショップから購入でき"cartes blanches" アートワークが含まれている。[3]

ブラック・エディション 編集

ブラック・エディションはリベレーションのアニムス・エディションに付属。UBIオンラインストアで別途購入可能。"cartes blanches" アートワークが含まれ黒い装丁になっている。[3]

日本語に翻訳されたものはアサシンクリード エツィオサーガに含まれている。

E3 コレクターズ・エディション 編集

2012年 E3限定発売 リベレーションプロモーションカードとともに布製の入れられている。

当初ブラック、ホワイトと同様の内容だったが、アレックス・ハッチンソンの計らいでアサシンクリード3のアートワークが含まれ銀のカバーになった、 Given only to press at E3 2012, in a branded cloth bag along with a promotional card for Assassin's Creed: Recollection. Identical to the White and Black editions, but included a forward by Alex Hutchinson, a few extra pages of Assassin's Creed III artwork, and an exclusive silver cover.

第2版 編集

Assassin's-Creed-Encyclopedia(2)-Front Cover

The Second Edition.

アサシンクリード3とレディ・リバティの内容を含み、新しい "Cartes Blanches"と120ページ増と既存記事の改定が行われた。2012年10月出荷開始[4]

日本語版はアサシンクリード コナーサーガに同梱されている

第3版編集

アサシンクリードIV:ブラックフラッグとAssassin's Creed: Brahmanの内容と既存記事の改定を含め360ページ以上の内容となった。[5]

トリビア 編集

  • 背表紙にはUnicodeで描かれた隠しメッセージがある。一度変換してから赤で削除すると。"Three lives toiled. Three lives lost. Three messages delivered: the greeting, the warning, the revelation.(3つの命が骨を折って働き、3つの命が失われた。3つのメッセージが届く:挨拶、警告、啓示)"
    • 2012年 E3エディションでは、16進コードで書かれた聖書からの引用。「わたしたちはまたそこで、ネフィリムから出たアナクの子孫ネピリムを見ました。わたしたちには自分が、いなごのように思われ、また彼らにも、そう見えたに違いありません。」民数記第13章33節[1]
  • On the spine of the Encyclopedia, there was a hidden message written in Unicode. Once translated, and after removing the title in red, the message read "Three lives toiled. Three lives lost. Three messages delivered: the greeting, the warning, the revelation."
  •  
  • On multiple pages, a molecule was drawn with a benzene ring with a hydrogen atom with two bonds. This implied that the molecule was manmade, as for hydrogen to support two bonds, it must remain in an excited state.
  • エンサイクロペディアの画像はCG画像に対抗して主に絵を使っている。

参照 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki